体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『グラソー ビタミンウォーター』の工場に行ってきた! 品質へのこだわりに迫る

『グラソー ビタミンウォーター』の工場に行ってきた! ブランドの秘密と品質へのこだわりに迫る

カラフルだけど合成着色料は不使用、手軽にビタミンが補給できるドリンク『グラソー ビタミンウォーター』(以下『グラソー』)。ガジェット通信でもこれまでロンドンオリンピックを楽しむ施設『グラソー ラウンジ』を紹介したり、さまざまなイベントをレポートしてきました。でも「『グラソー』って何?」と言われると、実はちょっと謎が多い製品。『グラソー』を製造する工場を取材させていただく機会があったので、その製造過程と製品の秘密に迫ってみることにしました。

訪れたのは、コカ・コーラ イーストジャパンプロダクツの茨城工場。ここで「コカ・コーラ?」と思った人もいるかもしれません。『グラソー』はコカ・コーラのブランドなんです。ここではコカ・コーラブランドの複数種類の製品を製造していますが、取材した日は『グラソー』の製造ラインを組んでおり、ペットボトルの洗浄と中身の充てん、ラベルの貼り付け、ボトルの箱詰めまでの工程を見ることができました。

クリーンな製造ラインで生まれる『グラソー』

衛生第一

衛生第一なので手を洗って殺菌し、工程によってはエアシャワーを浴びて工場ラインに入室します。

ボトルは他工場から搬入される

『グラソー』は飲み口の口径が大きく、独自形状のペットボトルを採用。製品によってはこの工場でボトルを成形するのですが、『グラソー』はほかの工場で成形されたボトルが納入され、充てんされていきます。

リンサーの工程

ボトルは“リンサー”と呼ばれる装置で内部を洗浄。大量のボトルが装置内を周回しながら洗われていきます。すごいスピードでコンベアを流れていくボトルは充てんの工程へ。

フィラーの工程

洗浄したボトルに、別の部屋で管理された中身を充てんするのは“フィラー”と呼ばれる装置。

キャッパーの工程

“フィラー”のすぐ横には“キャッパー”と呼ばれる装置があり、充てん後はすぐに洗浄されたキャップが取り付けられます。実はこの中身、殺菌のため高温の状態でボトルに充てんされています。中身を詰めたてのボトルは熱くて素手では持てないほどの温度。

3工程はひとつの部屋に コンベアに乗って移動

“リンサー”“フィラー”“キャッパー”はひとつの部屋にあり、3工程をスムーズにボトルが流れていきます。充てんしてキャップを取り付けられたボトルは、コンベアに乗って別の部屋の工程へ移動。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy