体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰もが「あれは自分の犬だ!」と愛する『フランケンウィニー』“スパーキー”の魅力

エンタメ 映画

ティム・バートン自身の愛犬との思い出をベースに、少年ヴィクターが科学の力で愛犬スパーキーを生き返らせてしまったことから起こる大騒動を描いた映画『フランケンウィニー』。いよいよ公開が12月15日に迫り、多くの映画ファン、バートン監督ファンが期待を寄せています。

本作のプロデューサーを務めるのは、アリソン・アベイトさん。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(93)のアーティスティック・コーディネーターを務めた後、『ティム・バートンのコープスブライド』(05)、『ファンタスティック Mr.FOX』といった、アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされる作品を手がけています。

今回は、アリソン・アベイトさんに『フランケンウィニー』の制作についてから、日本で好きな“キャラクター”についてなど、色々お話を伺ってきました。

――今、1984年のティム・バートン監督の短編作品「フランケンウィニー」を長編映画化しようと思ったきっかけを教えてください。

アリソン・アベイト:実はこの企画自体が立ち上がったのが『ティム・バートンのコープスブライド』という作品を撮り終った後だったのですが、あの作品は言ってみればリハーサルの様なもので、無事完成させられた事で「パペットを使ったストップモーションアニメでもっとすごいことが出来るんじゃないか」と思ったんですね。

バートン監督の短編映画『フランケンウィニー』の長編映画を作りたいという事は常々考えていましたから、技術的な問題がクリアになった今制作する事が出来たんです。パペット達が繊細な、演技をしている様な動きが出来る所まで技術が来たと。

――“白黒3D”という古き良きアニメの暖かさと、最新の技術の融合も新鮮でした。

アリソン・アベイト:オリジナルから長編を作る時には、ストップ・モーションアニメで作る、白黒で作るということは絶対に決めていました。3Dは結果として制作することになったのですが、その2つの点に関してはバートン監督がとてもこだわっていた部分なんですね。

――だからこそ、オリジナルを活かしたストーリーになっているのですね。

アリソン・アベイト:主人公がスパーキーという犬なので、ストップ・モーションアニメが一番犬の愛らしさを描けるメディアだと思ったので。白黒はオリジナルへのオマージュはもちろん、バートン監督が好きな昔のホラー映画へのオマージュという意味もあります。

オリジナルの短編から話を広げるにあたって、短編では描ききれなかった他のキャラクターも取り込みたいし、後はスパーキーが死んでしまう前のシーンを長く作る事によって、ヴィクターとスパーキーの“ただならぬ絆”を描きたいと思っていたんですね。

――『フランケンウィニー』はもちろん、アリソンさんが手がけた過去の作品は、子供が楽しめるストーリーの愛らしさと、大人が色々な事を考えるきっかけとなるメッセージ性が同居している様に思います。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会