ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、Snapdragon S4にボリュームゾーン市場向けクアッドコアプロセッサ「MSM8226」「MSM8626」を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Qualcommは12月4日、同社のモバイル向けプロセッサ「Snapdragon S4」のラインアップに2つの新モデルの追加を発表しました。今回発表された新モデル「MSM8226」と「MSM8626」は、ボリュームゾーン市場をターゲットとした3Gスマートフォン向け製品で、携帯電話向けのチップセットにクアッドコアCPUとAdreno 305 GPUを搭載。1080p動画のエンコード/デコード、1,300万画素カメラをサポートします。プロセッサは28nmプロセスで製造され、デュアルSIM・デュアルスタンバイやデュアルSIM・デュアルアクティブを含むマルチSIM構成にも対応しています。MSM8x26に対応するマルチモード無線トランシーバの新モデル「WTR2605」も発表されました。前世代よりも40%省電力化、60%小型化されたそうです。GPSやGLONASSに加え、中国独自開発の衛星測位システム”北斗”にも対応。さらに、TD-SCDMA、CDMA 1xAdv、HSPA+にも最適化するなど中国市場を狙った製品となっています。MSM8x26は、2013年Q2に同社の顧客に対してサンプル出荷が行われる予定。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
中国OPPO、米国向けサイトで5インチフルHDスマートフォン「Find 5」のフルスペックと価格情報を公開
NTTドコモ、プレミアクラブ会員を対象に、日経電子版の購読でドコモポイント9,500ポイントをプレゼントする「日経電子版 ドコモプレミア プレゼント」キャンペーンを開始
日本交通、タクシー配車アプリで降車時に決済処理が不要になる新しい決済サービス「ネット決済」を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP