ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

旬のアイドル6組が渋谷に大集結! タワー主催〈シブヤDD宣言!〉ライヴレポ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

スマイレージ (photo by 柴田和彦)

 

タワーレコード渋谷店が11月23日にリニューアル・オープンしたことを記念して、渋谷近郊のライヴハウスで5日間連続で展開しているイヴェント〈LIVE LIVEFUL! SHIBUYA 5DAYS!〉。その4日目にあたるアイドル・イヴェント〈シブヤDD宣言!〉が、先日11月28日にSHIBUYA-AXで開催されました!

スマイレージ、でんぱ組.inc、9nine、バニラビーンズ、ひめキュンフルーツ缶(五十音順)と、オープニング・アクトのベイビーレイズという6組のアイドル・グループが集結したこのイヴェント。タイトルにある〈DD〉とは〈誰でも大好き〉を略したもので、特定のアイドルではなく複数のアイドルを掛け持ちで応援するファンを指すアイドル用語。豪華かつヴァラエティーに富んだ今回のラインナップは、まさに〈DD〉向けと言えるでしょう!

開演前から推しグループのTシャツやグッズを身に着けて臨戦態勢バッチリのヲタたちで賑わいを見せている会場では、開場中DJのGinger Does’em Allがさまざまなアイドル・ソングをスピン。モーニング娘。“ワクテカ Take a chance”→Prizmmy☆“BRAND NEW WORLD!!”→Prizmmy☆“Dear My Future ~未来の自分へ~”と、流行りのEDM系サウンドを採り入れたナンバーで繋いで見せたり、楽曲派をも唸らせるような選曲で場を温めます。

 

ベイビーレイズ (photo by 柴田和彦)

 

そして16:30を少し過ぎた頃、照明が落ちると共にステージの巨大プロジェクターに〈シブヤDD宣言!〉の特製映像が映し出され、噂の〈乗り込み!乗っ取り!!アイドル〉ベイビーレイズが登場! 黒髪、黒服、黒のニーハイ・ストッキングという真っ黒モードの彼女たちは、ファースト・シングル“ベイビーレイズ”でライヴをスタート。ロッキッシュなサウンドと懸命さが伝わるガムシャラなパフォーマンスで、会場の熱気を高めます。自己紹介を挟んで、曲のなかにメンバーの自己PRが織り込まれた“LEVEL 1”、12月19日発売のニュー・シングル“ベイビーレボリューション”を披露。全3曲と短いながらもギラついた存在感を示し、オーディエンスのハートを見事に乗っ取っていきました。

オープニング・アクトに続いては、いまやタワーのアイドル・イヴェントには欠かせない存在となったバニラビーンズの2人が、司会進行役として登壇。イヴェントの趣旨や〈DD〉の意味などを愉快なトークでサラリと説明し、安定のMCぶりを発揮します。

 

ひめキュンフルーツ缶 (photo by 柴田和彦)

 

ライヴの2番手は、愛媛が誇るローカル・アイドル・グループのひめキュンフルーツ缶。今回は東京では貴重なバンド・セットでのライヴということで、ステージにはギター×2、ベース、ドラムス、キーボードの5名も上がり、パンクなサウンドで彼女たちをサポートします。ライヴは今夏にリリースされたファースト・アルバム『恋愛ミラクル!!』からの楽曲を中心とした、テンション高めのアッパーなセットリストに。来年1月23日に発売されるズバリなタイトルの新曲“キラーチューン”もお披露目となり、生演奏ならではのドライヴ感に満ちたステージで会場を圧倒します。“恋が止まらない”では会場が一体となってタオルをぶん回し、ラストの“例えばのモンスター”ではOiコールが炸裂! メンバーも渾身のハイキックで声援に応えていました。

ちなみに、ひめキュンのメンバーにはそれぞれ担当フルーツがあるのですが、終演後のトーク・コーナーでは、9nineの〈ひろろ〉こと村田寛奈ちゃんから「そのフルーツはどうやって決めたんですか?」という素朴な質問が飛び出すことに。ひめキュンの奥村真友里ちゃんいわく、「勝手に決まってた」とのことで案外適当なのかも知れません……。なお、好きなフルーツはみかんと即答。さすが愛媛県人です!

 

でんぱ組.inc (photo by 柴田和彦)

 

続いては、秋葉原から世界に向けて萌えキュン・ソングで元気を発信している6人組、でんぱ組.inc。彼女たちのステージには〈アキバ・カルチャー〉ならではのアイデアが満載で、とにかく圧倒されるほどの情報量なのが印象的。1曲目“でんぱれーどJAPAN”は古川未鈴ちゃん以外のメンバーが床に横たわるフォーメーションから始まったかと思うと、その後の楽曲でもかめはめ波や竜巻旋風脚、ジョジョ立ちっぽいポーズまでもが振り付けに採り入れられていたり、メンバー同士でケンカになってステージ袖に退場する寸劇が始まったりと、とにかく目まぐるしいほどの展開で一瞬たりとも目が離せない! そもそもメンバーの衣装もそれぞれ制服風、メイド風、巫女風、エプロン風……とバラバラで、そういう意味でも珍しいタイプのアイドルと言えそう。来年1月16日にリリースされる両A面シングルから、かせきさいだぁと木暮晋也コンビが提供した“冬へと走りだすお!”と、彼女たちの成り上がり(?)人生をそのまま楽曲化したような前山田健一制作曲“W.W.D”も披露され、シブヤをアキバ色に染め上げてくれました!

その後のトークでは、でんぱ組.incの最上もがちゃんが〈えいたそ〉こと成瀬瑛美ちゃんの踊りが変と告発! そこで「そんなことはない!」とヲタ芸を打ったりするのですが、スマイレージの田村芽実ちゃんと勝田里奈ちゃんも微妙な反応を示すことに……。でも最後はみんなで仲良くほっぺに手を当てて〈にゃんにゃん〉ポーズを決めて、その可愛らしさですべてをうやむやに……なったのかな?

 

バニラビーンズ (photo by 柴田和彦)

 

お次ぎはMCでも大活躍のバニラビーンズの出番。まずはMGMTのヒット曲をカヴァーしたポップなエレクトロ・チューン“KIDS”からスタートし、モデル体型の細身を活かしたポージングと、ステージのプロジェクターに投影されたお洒落な映像で大人な世界を演出します。恒例の挨拶では、アイドル好きを公言するレナちゃんが「いまイチオシのアイドルはベイビーレイズちゃん、ひめキュンちゃん、9nineちゃん、でんぱ組.incさん、スマイレージさんです! DDでーす!」と堂々のDD宣言! リアルセレブのリサちゃんも「好きな街はニース、モナコ、渋谷。よくお買い物するところはタワーレコード渋谷店です!」とアピール上手なところを見せます。「老体にムチを打って頑張ります!」(レナ)なんて得意の自虐ネタを盛り込みつつ、バニビ史上最速だという“サブカルガールまどか”や、2人のデフォルメ・キャラが降り注ぐポップな映像も印象的だった“チョコミントフレーバータイム”など、最新アルバム『バニラビーンズIII』に収録されている楽曲を次々と披露。最後はみんなで振り付けを練習した後に“キラーキュイーン”でフィニッシュしました!

続くトークはバニビの代わりにスマイレージの和田彩花ちゃんと福田花音ちゃんが進行役を担当。「推し(メンバー)は変えるものではなく増やすもの」という名言を残しているレナちゃんに、いま何人の推しメンがいるのかという質問が飛ぶと、その数なんと100人以上との回答が! まさにDDのなかのDD、〈DDキュイーン〉の称号を差し上げたいくらいです!

 

9nine (photo by 柴田和彦)

 

そしてステージには9nineの5人が登場。大きな声援が上がるなか、ダンサブルなシングル・ナンバー“チクタク☆2NITE”で会場のヴォルテージをさらに引き上げます。お次はメンバーが出演するドラマ「好好! キョンシーガール~東京電視台戦記~」の挿入歌でもある新曲“Brave”。曲が始まる前の紹介では、お客さんもキョンシーのように手を突き出して応え、劇中でキョンシーと戦っている川島海荷ちゃんが「後で倒しにいくからね!」と返す一幕も。カワイイ! ユーロ・トランス風の込み上げ系4つ打ち曲“困惑コンフューズ”では客席からタオルが舞い、そこから9nineのカッコ可愛い部分が凝縮された“少女トラベラー”と続き、12月12日にリリースを控える美メロなウィンター・ソング“White Wishes”へ。青を基調としたお揃いのドレス風衣装がこの楽曲のイメージにピッタリで、思わず見とれてしまうほどの胸キュン度! 最後はアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」のオープニング・テーマとしても好評を博した人気曲“SHINING☆STAR”で、エモーショナルかつ華やかに締め括りました。

その後のトーク・コーナーには9nineの海荷ちゃん、吉井香奈恵ちゃん、でんぱ組.incの未鈴ちゃん、夢眠ねむきゅんが参加。でんぱ組の2人は以前TVで9nineと共演した際に、彼女たちの楽曲“流星のくちづけ”の振り付けを教わったとのことで、ここで急遽コラボ・パフォーマンスが実現! 流石は動画共有サイトで〈踊ってみた〉活動を行っていた未鈴ちゃん、本家9nineのメンバーといっしょに見事なダンスを披露してくれました。

 

スマイレージ (photo by 柴田和彦)

 

そして〈DD宣言〉のトリを飾ったのは、今年2月に開催したタワー発のアイドル・イヴェント〈POP’n アイドル〉でも白熱のパフォーマンスを見せてくれたスマイレージ。今回はその時の締め曲“スキちゃん”から始まり、“チョトマテクダサイ”“同じ時給で働く友達の美人ママ”といったアッパーな楽曲でのっけから一気に畳み掛けていきます。躍動感あるステップを絶え間なく踏みながらも、ピッタリと動きを合わせた6人のダンスはまさに圧巻のひと言。あまりの運動量に、スカートの部分に付けられていたアクセサリー的な尻尾も、最初は上を向いていたのが、少しずつしおれて下を向いてしまうほど! 聴かせる系の“学級委員長”、押せ押せ系の“夢見る 15歳”と続けて緩急を付けた後は、ちょうどこの日に発売日を迎えた新曲“寒いね。”を歌唱。振り付けにはメンバー同士でしっかりと抱き合う部分があったりと、これまでのスマイレージには無かった少し大人っぽい一面を見せてくれました。でも最後はやっぱり元気イッパイに、“寒いね。”のカップリングで先のツアーのオープニングを飾っていた“私、ちょいとカワイイ裏番長”で締め。エネルギッシュなステージでガッツリと持っていきました!

ラストは出演者全員がステージに上がり、幕間の抽選で選ばれた超ラッキーな5名のお客さんといっしょに記念撮影。さらに出演者それぞれがメッセージとサインを書き込んだタワレコタオルを客席に投げ入れるというサーヴィスも! タワーレコードではこれからも、T-Palette Recordsでの活動をはじめ、アイドル・カルチャーをさまざまな角度から応援していきますので、ぜひご期待ください。

★TOWER RECORDS LIVE INFORMATIONはこちらから

 

〈LIVE LIVEFUL! SHIBUYA 5DAYS~シブヤDD宣言!〉@ SHIBUYA-AX 2012.11.28 セットリスト
【ベイビーレイズ】
1. ベイビーレイズ
2. LEVEL 1
3. ベイビーレボリューション

【ひめキュンフルーツ缶】
1. ワタシダイイチキボウ
2. ストロベリーKISS
3. 愛、my COLOR
4. キラーチューン
5. 恋が止まらない
6. バズワード
7. 例えばのモンスター

【でんぱ組.inc】
1. でんぱれーどJAPAN
2. 君も絶対に降参しないで進まなくちゃ
3. Sabotage
4. 冬へと走り出すお!
5. W.W.D
6. キラキラチューン

【バニラビーンズ】
1. KIDS
2. サブカルガールまどか
3. ノンセクション
4. チョコミントフレーバータイム
5. ニコラ
6. キラーキュイーン

【9nine】
1. チクタク☆2NITE
2. Brave
3. 困惑コンフューズ
4. 少女トラベラー
5. White Wishes
6. SHINING☆STAR

【スマイレージ】
1. スキちゃん
2. チョトマテクダサイ
3. 同じ時給で働く友達の美人ママ
4. パン屋さんのアルバイト
5. 学級委員長
6. 夢見る 15歳
7. 寒いね。
8. 私、ちょいとカワイイ裏番長

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。