ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カロリー控えめな15分レシピ約60種類!フード系カメラアプリ『ミイル』人気ブロガーが『あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん!』を刊行

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
一緒に食べたいおそごはん!

残業続きでいつも帰るのは10時過ぎ。ついついコンビニやスーパーのお惣菜で済ましてしまうけれど、本当はしっかり夕ごはん作りたい。そんな悩みを抱えている勤労女子は多いのではないでしょうか。

そんなニーズに答えるのが、『あさこ食堂の一緒に食べたいおそごはん!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)です。

この本で紹介されているのは、著者のシラサカアサコさんがフード系カメラアプリ『ミイル』にアップしたものを中心とした約60種類のレシピ。カロリー控えめなひと皿ごはんや常備菜など、15分で作れる簡単かつ低カロリーなメニューで、一人暮らしや共働きの女子にとってまねしたい料理ばかりです。

シラサカアサコさん

シラサカアサコさんは1979年生まれで、普段は育毛・発毛専門治療クリニックに勤務する新婚ほやほやのOL。2011年11月に『ミイル』がリリースされてすぐに投稿をはじめたところ、その温かみのある料理写真が話題になり、フォロー数が3万人を突破。その評判の高さから2012年2月にはブログ『あさこごはん』をオープンしてレシピを載せ始めさらに支持を集めることになりました。2012年10月には、渋谷にあるFabCafeで期間限定の『リアルあさこ食堂』を開き、シラサカさん自身が手料理を振るまったところ、早い日にはオープン45分で完売になるほどの大盛況。そのような人気を受けての書籍化になりました。

「一年前は普通のOLだったので、こんなことになっているなんて夢にも思っていませんでした」というシラサカさん。書籍化にあたっては「誰が作っても美味しく出来るように」一から作りなおしたという意欲作です。

また、『ミイル』でも話題になったお肉なしのお麩じゃがなど、お麩を使ったメニューのファン集めた『お麩研究部』も始動、シラサカさんも「何かできたら楽しそうだなと思っています」と語っているので、ヘルシーな料理に興味がある人にとっては今後の展開が注目されます。

忙しい毎日を送る人ほど参考にしたい『あさこ食堂』のレシピ。本だけでなく、毎日投稿されている『ミイル』の写真やブログも必見です。

あさこ食堂
http://asacokitchen.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。