ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――『スパルタンX』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――『スパルタンX』

ゲームアイドルの杏野はるながレトロゲームを紹介する連載です。

スパルタンX

ジャッキーチェンさんが好きです。突然ではありますが好きなものは好きなのです。映画で言いますと、一番好きなのは『木人拳』。さらに、映画『木人拳』の中でどのシーンが好きなのかと言いますと、ジャッキーが最後に戦う事になってしまう師匠に、地下牢でおまんじゅうを差し出すシーン。と書きましたが、一体どれくらいの方に伝わるのだろう……という不安は少々ありますが、まだ映画を見たことがない方は是非。

ということで話をゲームに戻します。ジャッキー・チェン主演の同名映画が元になったゲーム『スパルタンX』

ファミコン版は任天堂からの発売となっておりますが、元々はアーケードゲームでして、アイレムさんの作品でございます。そのアーケード版の難易度はざっくり計算して、ファミコン版の10倍以上と思っても良いかもしれません。とにかくもらう一撃のダメージが半端ないのと、微妙な操作感でございまして、ワンテンポ遅れてキャラが動く感じなのです。とはいえ、それが味とも言えます。それと比べてファミコン版は家庭用らしく、難易度はかなり低め。主人公トーマスの動きもサクサクで、次々に迫ってくるつかみ男もマシンガンのように散っていきます。

杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――『スパルタンX』

ファミコン版の内容はアーケード版と同じく、恋人シルビアを救うべく各階に待ち受けるボスを倒しながら全5階まで登っていく、というもの。おそらくみんなが苦戦するのは4階の奥で待ち受けるボス、妖術師。人によっては、じいさん、ばあさん等、地方名があるらしく、それを考えるとやはりこのボスが強く有名だということの証明なのでしょう。実際、この妖術師はしゃがみパンチ以外の攻撃は一切通用しません。とにかくしゃがみの姿勢を貫き、ひたすらしゃがみのパンチをボディーに当てていきましょう。また、出してくる球は実はパンチで壊すことが出来ます。

ちなみに、このスパルタンX、24周すると何かが起こる?――という伝説がありますが、本当の事はここでは書きません、是非チャレンジしてみてください。きっとビックリするかも?

杏野はるなの「レトロゲームがあんのッッ!」――『スパルタンX』

機種:ファミリーコンピュータ
タイトル:スパルタンX
発売年:1985年
メーカー:任天堂
価格:4,900円

※メーカーおよび価格は当時のものです。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「annoharuna」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。