体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク、下り最大76Mbpsの”SoftBank 4G”対応スマートフォン第1号『STREAM 201HW』を発表、明日発売

ソフトバンクは10月9日、2012年冬向けのSoftBankスマートフォン新モデルとして、Huawei製『STREAM 201HW』を発表しました。この製品は明日10月10日より発売開始となります。

『STREAM 201HW』は、AXGP方式の下り最大76Mbps/上り最大10Mbpsのデータ通信サービスに対応する最初のスマートフォンとなる製品です。4.3インチ960×540ピクセルのSuper AMOLEDディスプレー、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載。OSはAndroid 4.0(ICS)で発売されます。『おサイフケータイ』や赤外線通信、ワンセグ、防水・防塵には対応しません。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB、外部メモリはmicroSD.microSDHC(最大32GB)に対応します。カメラは背面に800万画素の裏面照射型CMOS(AF、手ブレ補正対応、フラッシュ付き)、前面に130万画素CMOSを搭載。リアカメラでは、1.8秒で10枚の写真が撮影できる連写機能、HDR撮影機能が利用できます。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、DLNAに対応。ソフトバンクが12月15日より開始予定のテザリングにも対応します。バッテリー容量は1930mAh。本体サイズは133㎜×65㎜×9.9㎜。質量は約131gカラバリはフレイムブラック、ライトニングブラックの2色。なお、2012年10月31日までの期間中に『201HW』を購入して応募するともれなく最大1万円分のギフトカードがプレゼントされます。

『STREAM 201HW』のスペック
OS:Android 4.0(ICS)
サイズ:133㎜×65㎜×9.9㎜、質量約131g
ディスプレー:4.3インチ、解像度960×540(qHD)、SuperAMOLED、1677万色
チップセット:Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
GPU:Adreno 225
メモリ:RAM 1GB、ROM 4GB
外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB)
リアカメラ:800万画素裏面照射型CMOS、AF対応、手ブレ補正対応、フラッシュ搭載、1080pフルHD動画撮影対応
フロントカメラ:130万画素CMOS
対応周波数:GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/1500/2100MHz)、AXGP 2500MHz
パケット通信:ULTRA SPEED(下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps)、SoftBank 4G(下り最大76Mbps/上り最大10Mbps)
通信機能:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、DLNA
外部端子類:-
センサー類:-
バッテリー:1930mAh
連続待受時間:178時間(AXGP)、420時間(3G)、400時間(GSM)
連続通話時間:640分(3G)、430分(GSM)
おサイフケータイ:×
ワンセグ:×
赤外線通信:×
世界対応ケータイ:○
防水・防塵:×
S!メール:○
デコレメール:○
ULTRA SPEED:○(下り最大42Mbps)
SoftBank 4G:○(下り最大76Mbps/上り最大10Mbps)
SoftBank 4G LTE:×
緊急速報メール:○
Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンクが同社初のMotorola製スマートフォン「RAZR M 201M」を発表
ソフトバンク、クアッドコアCPU・大容量2,420mAhバッテリー搭載のAndroid 4.1スマートフォン「ARROWS A 201F」を発表
ソフトバンク、クアッドコアCPU・Android 4.1搭載スマートフォン「AQUOS PHONE Xx 203SH」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。