体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タッチパネル液晶付き、デジタルフォトフレーム+電話機『インテリアホン』

sharp

シャープは、タッチパネル付き大型カラー液晶を搭載し、デジタルフォトフレームとしても使える電話機『インテリアホン』を9月25日に発売します。待機時にはデジタルフォトフレームとして使うことができ、ファックス受信も画面で行うことができます。価格はオープンです。

コードレス電話機の本体(親機)がタッチパネル付き7型カラー液晶という、進化形の電話機が登場しました。必要なボタンはすべて液晶画面の表示。また、『フォト電話帳』には、相手先の電話番号と顔写真を登録することができるため、直感的な操作で電話をかけることができます。

待機時には、写真データを保存したメモリーカードを差し込むと、デジタルフォトフレームとして使用できます。写真以外にも、カレンダー表示や時計表示も可能ですので、お部屋のインテリアの一部として活用できそうです。また、ファックス受信機能も搭載しており、受信内容の印刷はできませんが、画面をタッチして拡大や縮小、スクロール操作をして受信内容を確認することも可能です。

カラーはブラックとホワイトの2色。本体と子機それぞれは、非常にシンプルなデザインにまとめられています。タッチパネル付き液晶は、パソコンおよび周辺機器にはしばしば採用されるようになっていますが、家電への搭載はこれからといったところでしょうか。電話機の次には、どんなタッチパネル液晶付きの家電が登場するのか楽しみですね。
 
 

■関連記事
壁かけもできる『GAUDI』の7型ワイド液晶搭載デジタルフォトフレーム
シャープのノートPC『Mebius』に世界初『光センサーパッド』搭載モデルが登場
業界初!テンキーとタッチパッドが共存するワイヤレスキーボード『ウィンキー・タッチプラス10/2.4G』製品レビュー

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。