体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Facebook』の友だちに服を選んで「似合うね!」できる『FASHION TAGGING』

『Facebook』の友だちに服を選んで「似合うね!」できる『FASHION TAGGING』

そろそろ涼しくなってきて、「冬服出さなきゃ!」とあわてている人も多いのでは。バナナ・リパブリックが『Facebook』アプリを使って友だちに洋服をプレゼントできるキャンペーンをやっているというので、いつも予備校生のような格好をしているwosa記者に、オシャレな服をプレゼントしてみることにしました。

『Facebook』アカウントでログイン

キャンペーンサイト『FASHION TAGGING』に『Facebook』のアカウントでログインすると、『Facebook』アプリに移動します。画面上に友だちのアイコンがズラっと並んでいるのでwosa記者を探すのですが……ない。一度に読み込める数に制限があるようなので、プレゼントしたい人のアイコンが表示されるまでリロードしてみます。もちろん、そのとき表示された人から気分で選んでもOK。

アイコンの顔がモデルさんの顔に重ねて表示され、その人が着るとどういう風に見えるのか確認できます。男性ユーザーなら男性モデル、女性ユーザーなら女性モデルに自動で切り替わりますよ。マウスホイールを動かすとモデルさんが歩いていき、コーディネートが切り替わっていきます。

カラシ色のセーターがポイントのコーディネート

これにしよう。wosa記者にはカラシ色のきれい目なセーターを着たコーディネートを選んでみます。このコーディネートの中から1アイテムがプレゼントされる抽選券を贈れるそうです。

「似合うね!」ボタン

確認して「似合うね!」ボタンをクリック。

「似合うね!」と通知しました

「○○さんに“似合うね!”と通知しました」というメッセージが表示され、モデルさんがキメポーズ。

コーディネート一覧

「コーディネート一覧」を見ると、ここで選べるすべてのコーディネートを、コーディネートしたスタイリストのコメント付きで確認できます。wosa記者に選んだコーディネートは「ニューヨークの名物ホテル、エースホテルにたむろするようなクリエイターのコーディネートをイメージ」とのこと。予備校生からニューヨークのクリエーターへ、華麗に変身だ!

「似合うね!」した人にもプレゼントされるチャンスが

友だちに「似合うね!」でプレゼントできるだけでなく、「似合うね!」した人にも抽選で毎日1名に、アイテムがプレゼントされるそうです。どんどんプレゼントしたくなりますね。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会