体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尖閣を奪われたらどうなるか

尖閣を奪われたらどうなるか

今回は津上俊哉さんのブログ『Tsugami Toshiya’s Blog』からご寄稿いただきました。

尖閣を奪われたらどうなるか

現下の尖閣問題を巡る論調に違和感を覚える毎日です。「門外漢」ですが、領空侵犯して「突飛な想定」をしてみました。

尖閣を奪われたらどうなるか「突飛な想定」と言うなかれ

尖閣の島の譲渡を巡る議論が喧しい。東京都にせよ官邸にせよ、譲渡推進派は、(1) いまの 「緩い実効支配」 は中国による軍備増強、領海侵犯の常態化にさらされており、これ以上放置すれば、やがて中国に尖閣を奪われる、(2) 中国はいま政権交代に加えて薄煕来事件など不安要素を数々抱えており、対外的に強い動きができる状況にない、(3) したがって、いま実効支配の強化に動くべきだ、といった考えに立っていると感じられる。今回は(2) の 「中国はいま対外的に強い動きがしにくい」 という判断を中心に、門外漢ながら私見を述べたい。

紛争本格化は譲渡後の実効支配強化のとき

所有権譲渡は中国や台湾の反発を買うだろうが、所詮 「紙の上」 の話である。取得者が外交主体でもある 「国」 になるとギラつき方がいっそう増すが、それだけで日中が 「一触即発」 になるとは考えにくい。この限度なら、中国は領海侵犯を頻繁化して対抗するほかは、南沙で最近やったように、行政区画の設定という 「紙の上」 で対抗する程度だろう。政権交代で忙しい年内は、それで十分である。

やっかいなのは、日本側の作為が所有権譲渡だけでは済みそうにないことだ。現所有者は、譲受人が島を活用、振興することを望み、譲渡の条件にしているようである。東京都にせよ国にせよ、この点を約束しないと、そもそも譲渡が実現しそうにない。

しかし、巷間伝えられる避難港・灯台等の建設となると、もはや 「紙の上」 の話では済まない。中身は平和的な作為であっても、中国にとっては2010年秋の漁船衝突事件で 「国内法を粛々と執行」 されそうになったのと同様、「実効支配強化」 そのものである。日中間に 「棚上げ」 合意があるとする立場からは、とうてい座視できない仕儀となる。という訳で、今次尖閣紛争が本格化するのは譲渡の時というより実効支配強化策が実行に移される時、具体的には来年であると思う。

日本の実効支配強化に中国はどう出るか

さて、実効支配強化を目の前でやられたとき、中国がどう反応するか? が本題だ。

中国が武力行使など強硬策に出れば、中国 「世論」 は拍手喝采だろうが、燃え上がった国民感情は様々な国内問題に引火しかねない危うさがあると学んだのがこの10年間だった。日本には 「中国は国内の矛盾から国民の目をそらすために、意図的に対外紛争を求める可能性がある」 というステレオタイプがあるが、中国の内情はそれほど盤石ではない。とくに多事多難の昨今、「日本は寝た子を起こしてくれるな」というのが中国指導者の切なる願いだろう。

他方、日本政府に実効支配を強化されて、おめおめと引き下がる、或いは 「強硬なのは口先だけ」 と見透かされたのでは、政権が持たない。解放軍というより、そのバックにいる党内の (OBを含む) 保守・強硬派から退場を迫られるだろう。実効支配強化が実行に移されてしまったら 「何もしない」 訳には行かない。

(偽装) 漁船多数を繰り出し、迎えうつ巡視船を数で押し切って上陸を果たす・居座る、或いは日本政府は 「防衛出動」 (=宣戦布告) を決断しきれないという読みに立って、いきなり正規軍で急襲・占領する…実力行使により尖閣を占領する方法は幾つかありそうだが、容易に解決できない二つの難問が立ちはだかる。

第一は、尖閣を奪えても、占領を恒久化しようとすると、どえらいお荷物を背負うことである。尖閣は飲料水の確保もままならぬ何もない島だ。日本自衛隊の反攻に備えて相応の大部隊を駐屯させる、補給を確保する、周辺の海・空域に艦船・航空機を常時貼り付ける等々、途方もない金食い虫になることは必定である。

第二、もっと大きい問題は、中国が尖閣を奪えば、日本以上に米国の面子と利益を大きく損なってしまうことだ。中国に奪われた尖閣を奪回するために米国が武力出動するシナリオは非現実的だが (注)、一方で日本の救援要請をそっけなく見殺しにしたら、他の同盟国の米国に対する信任も地に墜ちてしまう。アセアンなども、いざというときにアテにならない米国から離れ、「東アジア・カムバック」 は笑い話になるだろう。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。