ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

IT企業“あるあるネタ”てんこ盛りの月9企業って?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
リッチマン、プアウーマン

毎週月曜21時~フジTVで放送中のドラマ『リッチマン、プアウーマン』は小栗旬さん・石原さとみさん主演のドラマです。「月9で豪華俳優といえば、恋愛ものでしょ」と、お腹いっぱいな方も多い気もしますが、このドラマの舞台となるIT企業NEXT INNOVATIONは恋愛ドラマに飽きた方でも注目したくなる要素が盛りだくさん!
いったいどんな企業なのか、実在の会社に照らし合わせて掘り下げてみたいと思います。

時価総額3000億の会社って何?

ドラマCMで「時価総額3000億の企業」という言葉が使われていたNEXT INNOVATION。すごい会社なんだなぁ……という気はするけれど、いかにもドラマっぽい設定で、いまいち実感がわかないですよね。
さてIT企業で時価総額3000億、実在の会社でいうと、どこなのでしょう?

例えるならDeNA? グリー? サイバーエージェント?

小栗旬演じる日向徹が社長の会社NEXT INNOVATIONはSNSを立ち上げて(推測)約10年、副社長朝比奈と会社を設立して約8年(設立2004年6月)、日本のトップIT企業となった……という設定。このデータを日本で人気のSNSである『アメーバ』『Mobage』『グリー』を運営する会社と比較してみると……?

■その1 サイバーエージェント?
アメーバを運営するサイバーエージェントは1998年設立、2004年からブログサービス『アメーバ』を始め、2012年現在では会員数約2000万人。
NEXT INNOVATIONは、会社設立から数年で登録者1000万人を突破したと受け取れるシーンがあるので、成長速度は同じかNEXT INNOVATIONが少し上といったところでしょうか。

では、ドラマのキャッチコピーである時価総額はどうでしょう。時価総額とは、株価に発行された株数をかけたものであり、株価があがれば時価総額は高くなります。一般的にその会社の成長が大きいと期待されていればいるほど、価格は上がっていくことになります。
サイバーエージェントは時価総額、約1400億。(2012年7月)。サイバーエージェントと発行された株枚数が同数として、NEXT INNOVATION株の価値を単純計算をするなら、サイバーエージェントの2倍の価格がついていることになります。単純に考えるなら2倍期待されている会社ともいえるかもしれません。有名企業より、期待されている会社だと考えると、すごい会社だと実感できますよね。

■その2 DeNAぐらいの会社?
時価総額3000億円にもっとも近いのは『Mobage』を運営するDeNAで2500億円(2012年7月末)。DeNAは1999年にネットショッピングを軸とした会社として設立。SNS『モバゲータウン』のサービスを2006年に開始。2年後の2008年には会員数1000万人突破しています。約8年間SNS運営していることになり、年数・会員数の伸び・時価総額、どれもかなりNEXT INNOVATIONっぽい、感じがしますよね。

DeNAはご存知のとおり球団を買収するなど、IT企業ながら新たな分野の事業も行っており、IT関連事業だけで展開しているNEXT INNOVATIONより、手広く事業を行う会社といえるかもしれません。

■その3 グリーだとちょっと負けてる?
2004年にサービスを開始し、約10年の運営で5000億の時価総額、国内登録者数3000万人以上のSNSを持つグリー。こちらは、数字的にはNEXT INNOVATIONの一歩先を行く企業です。さらに、海外進出も成功しており、海外サービス登録者数は合わせて2億人以上。

SNSをメインとする会社では国内最大といえる会社には、一歩及ばない設定となっているものの、NEXT INNOVATIONを現実の日本の会社と比べると、急成長したトップIT企業であることがわかります。まさにモンスター企業NEXT INNOVATION(仮想企業だけど)!

生い立ちは“海外風あるある!”

次にNEXT INNOVATIONの生い立ちを見てみましょう。日向徹は高校・大学には進まず、20歳前後でソーシャルサイトのアイデアを形にします。すぐに大手企業から買収の声がかかりますが、自身のSNSサイトに自信のある日向は、パートナー朝比奈と2人だけで会社を設立。20歳前後でIT系企業を立ち上げる、という例はご存知の通りたくさんありますよね。
有名な例ですが、8億人のユーザーを持つ世界最大のSNS『Facebook』を設立したマーク・ザッカーバークは大学生時代に学内コミュニケーションツールとして『Facebook』を立ち上げています。開設の際にはルームメイトなど数人が協力しており、そのまま創業者となっています。

古い例を出せば(と言っても1994年の話)『Yahoo!』の原型となるウェブサイトを立ち上げたのは、アメリカの大学生2人です。原型となったウェブサイトが翌95年に『Yahoo!』となりました。

イマドキ社風! 夢のようなオフィス!

ドラマに描かれている会社の社風を見てみると、社長の日向はどんなときでもオシャレTシャツ。真面目なスーツなどは着ませんし、どこか哀愁のただよう“サラリーマン”という言葉とは無縁のオシャレイケメンとミスキャンパス出身としか思えない若き美女たちがオシャレに精力的に働く姿が描かれています。

つい最近、サイバーエージェントが「新卒を取りすぎたため、来年から採用人数を調整する」という発表をし、ネット上では話題のニュースとなりましたが*1、30歳オーバーの社員がほとんどいないように見えるNEXT INNOVATIONも、若手をたくさん取り、そこから育成していこうという方針なのかもしれません。

*1:「サイバーエージェントが反省 大量採用で組織混乱」2012年07月27日『日本経済新聞』
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO44197710W2A720C1DT1001/

NEXT INNOVATION社内にはオシャレなカフェや酸素カプセル、トレーニングルームがあり、社長はおもちゃのバイクで遊びながら移動するという、かなり自由な雰囲気で、まるで夢のような会社! に見えますが、これらも想像ではなく、実在の会社に基づいた設定のようです。
まとめサイト(http://matome.naver.jp/odai/2133648817027079901)にあるとおりGoogleでは会社内にトレーニングルームがあったり、ラクガキできる壁があったりと
“会社”ではなく“遊び場・仕事場・おうち”という要素を兼ね備えた場所として提供されているオフィスが目を引きます。

球団買収で“あるある”完結?

若くして、立ち上げたIT企業。オシャレで洗練されたオフィス。若い人材の育成。
たった数年で1000万人突破の巨大SNSサイト。こう考えるとIT企業の“あるあるネタ”を十分に含んだ、実在してもおかしくない企業、それが月9のNEXT INNOVATIONです。

実在の成功したIT企業に照らし合わせると、ドラマ内でまだ実行されていない“あるあるネタ”は“海外進出”“球団買収”“成長した会社の売却”くらいでしょうか?

ドラマは現在4話まで放送。ストーリーではIT企業としては珍しい公共事業への参入にチャレンジしているNEXT INNOVATION。国内のIT系では、ソフトバンクのような大企業しか手を出していない公共事業ですから、実在の企業に置き換えると、どれだけ大きな仕事にチャレンジしているかが見えてきますよね。

ドラマでは主演二人の恋の行方以外にも会社の未来も気にして見ると、よりいっそう楽しめるかもしれませんね。

『リッチマン、プアウーマン』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/richman-poorwoman/index.html

「NEXT INNOVATION 会社情報」『NAVER まとめ』
http://matome.naver.jp/odai/2134243056334821001/2134258559044606503
(ドラマ内容に基づく仮想データです)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「☆ぴよひな☆」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。