ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

力也 安らかに…… 70~80年代の邦画を支えた著名人による追悼トークイベント&特集上映

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
力也FOREVER!!

誰もがヒルむ極悪フェイスに、ケンカを売れないデカい体。ニッポンが誇るコワモテ名舎弟、安岡力也。チンピラ映画に欠かせない存在である一方で、バラエティ番組『オレたちひょうきん族』のキャラクター『ホタテマン』でお茶の間でも親しまれた。しかし、今年4月8日に東京都内の病院で惜しくも逝去。64歳という人生に幕を閉じた。

そんな安岡力也氏を偲(しの)んで『ラピュタ阿佐ヶ谷』では追悼上映会『強面・純情・ロケンロー! 力也FOREVER!!』が行われるという。上映作品は初主演作品から、『不良番長』シリーズなど、選び抜かれた9作品。

8月4日からは『不良番長』シリーズが一挙に放映される。どうせただの“Vシネ”でしょ? と思われる方も多いかもしれないが、不良映画の先駆けと言われていて、ヤクザというより、暴走族や愚連隊のような悪さを展開していく映画で、非常にコミカルな一面も持つ。アクションも多彩で、『仮面ライダー』顔負けのバイクアクションも満載。

今回ガジェット通信ではラピュタ阿佐ヶ谷の建石望さんに、映画の魅力とコレだけは見ておけ! という作品を教えて頂いた。

「『不良番長』シリーズとは番長を気取るにはやや年をとりすぎている番長(梅宮辰夫さんは当時30代前半)が金や女を追いかけて意地汚くワルを重ねたあげく、最終的には悪徳ヤクザらを徹底的にこらしめる映画です。全シリーズ、基本的にワンパターンですが、バイクを駆使したどハデなアクションと、これでもか! というほど無駄に多い爆発シーン、とことんくだらない下ネタを盛り込んだ、ザ・B級に徹した作品になっています。全編そんなテイストなので、必見の一本を一つあげるとなると実は難しく……。

ただ、『一網打尽』はあの可憐なアンヌ隊員であった、ひし美ゆり子さんのセクシーシーンがみられるというでファン垂涎(すいぜん)の貴重な映画だと思います。また、Wアンヌとして印象づけられた一篇(いっぺん)となっております。他には、山城新伍さんのアトリブ感満載な見事なギャグもみどころの一つです。

力也さんに関しては、不良番長には欠かせない安定の舎弟役といった役どころです。実際、干された力也さんを役者として拾い上げた梅宮辰夫さんを、兄貴として慕っていたようで、『不良番長』シリーズでのやりとりを見ていると映画にもそういった兄貴・舎弟の信頼関係が現れているようです。

また、テレビ番組などでは、コワモテをネタにした冗談の通じるヤクザなキャラクターをウリにされていましたが、スクリーンの中では、演じる役柄と力也さんの性格が似ているからか、本来持ち合わせている野性味や色気やギラつきを感じさせられます。スクリーンでの力也さんはとにかく脱ぎっぷりがよく、随所でセクシーな黒肌と、筋肉質で引き締まったムチムチボディーをご堪能いただけます」

と、熱く語っていただいた。

なお、8月25日には『不良番長』シリーズで番長の梅宮辰夫さん、谷隼人さん、吉田達さんら、不良番長キャスト・スタッフ陣を迎えての上映関連イベント、『帰ってきた不良番長祭り』が開催決定。同じ会場で行われるので、是非トークショーと映画御一緒に楽しんではいかがだろうか。

地図

場所:ラピュタ阿佐ヶ谷  
一般1200円 
会員800円 
シニア・学生1000円
水曜サービスデー 1000円均一
レイトショー連日21:00より上映

カテゴリー : エンタメ タグ :
すこやか山田の記事一覧をみる ▶

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。