ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片山さつきの義姉も生活保護を受給 「もはや他人だろ」「まずは舛添要一を叩けよ」の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


現在、生活保護受給している親族を持つ芸人と戦っている片山さつき議員。そんな彼女の義姉が生活保護を受けていたと過去の週刊誌『週刊文春』に書かれていたのだ。この件が書かれていたのは2007年9月のもので5年も前の物になる。

義姉とはどういうことなのだろうか? 少し整理してみよう。片山さつき議員は過去に舛添要一議員と結婚しており、1989年に離婚している。その後、片山鶴太郎氏と再婚。そこで出てくる義姉とは舛添要一議員の姉のことになる。舛添要一議員には4人の姉がおり、その中の1人が生活保護を受給していたのだ。

そのことを書かれていた雑誌『週刊文春』を今になり『日刊ゲンダイ』が掘り起こし問題視しようとするも、ネットでは「もはや赤の他人だろ」「まずは舛添要一を叩け」「赤の他人の扶養義務はないだろ」「前の夫の姉って糞ワロタwww」と言う声が挙がっている。
たしかに過去は片山さつき議員からしても義姉だったかもしれないが、1989年に離婚し受給を始めたのはその後(1992年頃)となり、今は赤の他人となる。

こんなことで片山さつき議員を叩こうとするのは少し無理があるのではないだろうか。

※画像は片山さつきのツイートより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP