体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オープンから1週間 大盛況の『東京スカイツリ』ーに登ってみました

オープンから1週間 大盛況の『東京スカイツリ』ーに登ってみました

2012年5月22日、ついにオープンした『東京スカイツリー』。オープンから初の週末を迎えた翌日の月曜日、人もまばらだろうと思いスカイツリーに行ってみたが、平日の昼間なのに、到る所に人、人、人。正に大入りのスカイツリーに取材に行ってきました! 

真新しいスカイツリー駅到着

とうきょうスカイツリー駅

東武スカイツリーラインで浅草駅から約14分、スカイツリーに到着である。3月17日に「業平橋駅(なりひらばしえき)」から、「とうきょうスカイツリー駅」に改称したとのこと。そこには朝なのに超満員の人、人、人。まるでお祭りである。入り口の階段には行列までできていた。筆者は大事な機材を持っているので混雑を避けて脱出、反対側の押上駅のほうに向かった。こちらはあまり混んでおらず、降りた時ににスカイツリーも一番見えやすい。スカイツリーへの入り口も比較的空いているので、個人的には押上駅がオススメだ。

登頂前に少しソラマチへ

スカイツリーに登る階段は、記念撮影をしようとしている人で多くにぎわっている。皆おみやげや、ここでしか買えない珍しいグッズ、催し物に夢中なようだった。筆者も一つ気になったお店があったのでそこを紹介してみようと思う。

銀座夏野

筆者が東京ソラマチを歩いていると、木でできた看板のようなスカイツリーを発見。和をイメージしているなと思い、通り過ぎようとした瞬間違和感が。そこに『スカイツリー箸』と書いてあったのだ。お店の名前は“銀座夏野”。店内にはズラーッと色々なお箸が飾ってあり、色合いがとても面白く、何か引き込まれる感覚になった。

スカイツリー箸

ここのお店の目玉商品である『スカイツリー箸』。お店の名前に銀座が付いてるので高そうなイメージだが、税込み840円とリーズナブルな値段でこだわった天然木のお箸が買えるのはお得ではないだろうか。形も面白く、置いた時に箸置きがなくても、箸が机に直接触れないような設計になっている。お店の人も気さくで、いい笑顔で迎えてくれるぞ。

いよいよスカイツリーへ

真下から

さぁ、待ちに待ったスカイツリー。今回の主役はコイツなのだ。遠くから見てもデカかったが、真下で見るとやっぱりデカい。というかてっぺんが見えない! 筆者もそうだが皆、スカイツリーを見上げている。ふと目線を降ろしてみると、見上げるときにどうしても口が開く人が多い。横から見ると間抜けなので、見る時は気をつけよう。ああ、そうだ。見上げているより筆者は今日上れるのだった。チケットカウンターへ行ってみることに。

チケットカウンター

窓口では広く液晶で大きく番号が表示されており、見やすくなっている。チケットを交換して検査ゲートへ向かうと長蛇の列が……! でもそこは安心。飽きさせないようなオブジェがあったり、天井付近にモニターが置いてあるだけでなく、スタッフさんがエレベーターや、スカイツリーの疑問に優しく答えてくれたりする。その時スタッフさんに教えて頂いたのだが、地上から350メートル地点の“天望デッキ”(第1展望台)までは4台のエレベーターが、“天望デッキ”(第1展望台)から地上450メートル地点の“天望回廊”(第2展望台)までは、2台のエレベーターで運んでくれるらしい。地上から“天望デッキ”(第1展望台)までのエレベーターは東芝製で、“天望デッキ”(第1展望台)から“天望回廊”(第2展望台)までのエレベーターが日立製だ。そうこうしているうちに、行列がガバッと減ってゲートの中へ。

1 2 3次のページ
すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。