体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外で着ていたら殴られる? トリップアドバイザーが『外国でやってはいけないハンドサイン』のインフォグラフィックをTシャツ化

ガジェ通
海外で着ていたら殴られる? トリップアドバイザーが『外国でやってはいけないハンドサイン』のインフォグラフィックをTシャツ化

「オッケー」「グッジョブ」「ピース」など、会話のアクセントとして気軽に使っているハンドサイン。12種類のハンドサインがプリントされたTシャツを着てご機嫌のwosa記者ですが……ちょっと待った! 海外でこれを着て街を歩くと、殴られてしまうかもしれませんよ! 実はこのTシャツ、外国でやってはいけないハンドサインを集めたデザインなのです。

『外国でやってはいけないハンドサイン』のインフォグラフィック

トリップアドバイザーは、旅行関連のインフォグラフィックを集めたサイト『トリップグラフィックス』で、『外国でやってはいけないハンドサイン』を公開しました。たとえばピースサインは、ギリシャでは人を侮辱する仕草。犯罪者に2本指で物を投げつけたことに由来するそうです。親指を立てたハンドサインは、中東、西アフリカ、南米などで相手を侮辱する仕草。性的な表現と見られるとのこと。変わったところでは、手を開いて手のひらを相手に向けると、ギリシャでは「顔に泥を塗る」という表現として、相手を侮辱することになるそうです。

このインフォグラフィックを同社はTシャツにプリント。無料のメールマガジンに登録したユーザーから100名にプレゼントするキャンペーンを6月30日まで開催しています。当たった人は、国内限定で着るようにしてくださいね。

※画像は『トリップグラフィックス』より引用

トリップグラフィックス(tripgraphics)
http://tg.tripadvisor.jp/

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会