体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンツーマンなのに低価格! 全米No.1のゴルフレッスンチェーン「GolfTEC by GDO」が日本初上陸

GolfTEC

これから最高のシーズンを迎えるスポーツと言えばゴルフ。しかし、ゴルフは体育の授業やレジャーで誰もが体験するスポーツでは無い為、プロのレッスンを受けると受けないとでは大違い。自己流では思うようにボールを飛ばせない、そして何より格好良く打てない! という方は、レッスンを受けることが上達の近道です。

昔からある練習場でのグループレッスンや、最近ではスポーツジムでのレッスンも人気。でも、グループで教わると自分の悩みをピンポイントで教えてもらえなかったり、コーチのレクチャーの順番を待つ時間ももったいない。でも、個人レッスンは費用が高いし……。

そんな様々な不満を解消してくれるゴルフレッスン「GolfTEC by GDO」六本木スタジオが5月28日にオープンします。

GolfTEC

「GolfTEC by GDO」は、アメリカNo.1のゴルフレッスンチェーン「GolfTEC」と、日本最大級のゴルフポータルサイト「GDO(ゴルフ・ダイジェスト・オンライン)」がタッグを組んだ新しいタイプのレッスンスタジオ。全米各地に145ヶ所、カナダ、メキシコにも店舗を持つ「GolfTEC」の日本初上陸となります。

今回、28日のオープンにさきがけてプレス向け内覧会に参加。筆者の自己流ダメダメスイングをコーチにお直ししていただきました!

GolfTEC

「GolfTEC by GDO」1号店は、東京・六本木交差点から徒歩3分の好立地。コンパクトなフロアには、個室の打席が5つあり、男女ロッカールームやショップも完備されています。

「GolfTEC by GDO」の最大の特徴は、スイングを数値化するモーションメジャーメント。腰と背中に専用のベルトを付け、スイングすることで動画に自分の記録が残り、ツアープロのスウィングの動き、平均データと比較が出来るんです。

golf TEC

例えば、画像右の「hip bend 4B」は、腰の位置が4後ろ(Back)になっているという数値。赤く表示されているのは「プロの数値とかけ離れている」という事を意味し、コーチのレクチャーを受け、改善すると画像左の「hip bend 12F」と腰の位置が12前方(Front)に。緑に表示されているのは、「プロの数値と近い理想的な形」を意味します。

今まで、「腰をまっすぐ」「手首を使って角度をつけて」など抽象的な表現でしたレクチャーできなかったアドレスやスイングを、数値化することでより分かりやすく、自分の目で比較しながら理想の形に近づけるのでとても分かりやすかったです。

また、録画した動画にコーチが解説の音声を吹き込んでくれて、それを自宅のPCでチェック出来るので、「レッスン時には出来たのに、家に帰ったら忘れた」という心配も無し。

こうして、初回の「スイング診断」を受けた後に、コーチと一緒に目標設定と目標達成のためのスケジュールを決定。その後チケットを購入します。今の自分のウィークポイントと何が必要なのかを分かった上で、レッスン内容が決められるので俄然やる気につながります。レッスンは基本的に1回30分で、毎回少しずつ矯正していくの、“うまくなった気になれる”レッスンとは異なり確実に上達が見込めるというわけです。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。