体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国歌斉唱問題から学ぶこと

国歌斉唱問題から学ぶこと

この記事は中原徹さんのブログ『最年少校長中原徹のブログ』からご寄稿いただきました。

国歌斉唱問題から学ぶこと

今年の3月に和泉高校の卒業式がメディア(媒体)によって取り上げられましたが、5月8日の橋下市長とMBSの斉加記者さんとの間のやり取りの映像が数多くネット上で公開されています。

私も、このブログの読者の方々から下記のURLを教えていただきました。この画像へのアクセスだけでも現在120万件のアクセスを超えているようです。↓

5月8日登庁時市長囲み取材 『YouTube』
http://www.youtube.com/watch?v=3OKlJeer0PQ&feature=relmfu

この映像に関連して私のところにもたくさんのコメントが寄せられていますので、私の考えをお話させていただきたいと存じます。

今回の斉加記者さんと橋下市長との間の応酬は、下記の雑誌「SAPIO」の記事に関する橋下市長と陰山先生(現大阪府教育委員長)との間のtwitter上でのやり取りがきっかけになっているようです。↓

「口元チェック校長 一部報道機関は政治団体に近い存在だと指摘」2012年5月4日『YAHOO!JAPANニュース-NEWS ポストセブン』
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120504-00000011-pseven-soci

3月の卒業式以降、「国歌斉唱のチェック」という論点につき、色々な議論がなされました。民放テレビにおけるコメンテーターの多くの論調は私に批判的でした。直接私のところにも約350件のコメントが来ました。およそ6割が賛意・応援、4割が反意・批判でした。

4割の批判のうち、ただストレスを発散したいかのような罵詈雑言だけを浴びせるコメントや、メディアによって都合よく編集された報道内容(正確に真実を伝えない内容)を前提としてなされた、誤解に基づくコメントもありました。罵詈雑言コメントは読み流しました。誤解に基づくコメントについては、非常に残念な思いでした(お一人ずつお話をしたいという気持ちでした)。一部のメディアが上層部のイデオロギーを強調して報道内容を編集することを改めて学びました。

罵詈雑言コメントや誤解に基づくコメント以外にも、礼儀正しく、丁寧な文章で批判していただいたコメントも多数ありました。歴史資料のコピーを送ってくださった方々、戦争に関する書籍を送ってくださった方々もおられました。いただいたコメント、歴史資料、書籍にはすべて目を通させていただきました。私自身、知らなかった歴史事実の指摘もあり、大変勉強になりました。この場を借りてお礼を申し上げます。

一方、冒頭でご紹介した斉加記者さんの映像が公開された後にいただいたコメントは、ほぼすべて賛意を示す応援コメントでした。コメントをくださった方々にもお礼を申し上げます。

=================

さて、私がなぜこの記事を書いているかというと、自分に都合のよいデータを紹介したいからではありません。今回の「国歌斉唱」問題で明らかになった日本人の考え方の違いを、どのように高校生に伝え、教育現場において活かすべきかという議論に昇華させたいからです。

卒業式から1か月経過した4月の入学式では、入学して来られる生徒・保護者の方々を混乱のない形で温かく歓迎させていただきたいという趣旨から、メディアの取材用カメラが入学式会場(体育館)に入ることをお断りしました。一方で、和泉高校はとりわけ公立高校ですから、メディアを閉め出して、情報を隠しているような誤解をされることも嫌いました。そこで、入学式の数日前に行われた職員会議をメディアに公開しました(MBS、NHK及び朝日新聞〈いずれも敬称略〉)に対して公開しました)。職員会議を学校が公開することは極めて稀で、各報道陣も「初めてではないか」と仰っていました。職員会議の公開に先立っては、教職員全員の同意を得ています。

色々なところで何度も申し上げておりますが、卒業式であれ、その後であれ、報道とは裏腹に、和泉高校では何ら大きな混乱はありませんでした(先日、和泉高校の2年生が朝日新聞にその旨投稿してくれて、新聞記事にもなりました)。誰も後ろめたいことをしていないのだから、職員会議を堂々と公開しようということになりました。公開に反対する教職員はゼロでした。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。