ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

中高生のテスト時 “答えがワカラナイときによくやったこと”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

jr031

ちょうどいまの時期、中高生は期末テストですよね。この期末テストさえ乗り切れば、いよいよ楽しい夏休みが待っています。でも、いくら勉強してもわからない問題はあるというもの。皆さんは問題の答えがわからない場合、どんなことをして空欄を埋めていましたか?

ということで、テストの答えがわからないときに空欄を埋めるためにやっていたことを、複数のIT関係者に聞いてみました! いったいどんなことをして空欄を埋めていたのでしょうか?

<答えがわからないとき>
・ドラクエの地名を入れた。「ロンダルキア」とか(地理)
・みんなやるでしょう? 鉛筆転がして選択肢を選んだ(全般)
・フデバコとかにデザインで書いてある英単語を書いた(英語)
・ベロの上にカンニングペーパー入れてた(違反です!)
・意味不明の数式を書いて先生を混乱させた(数学)
・「言葉では表せない」と書いて絵を描いた(歴史)
・難しい言葉を知っていると思わせたくて「臨兵闘者皆陣列在前」と書いた(国語)
・歴史のバックストーリーとして創作した信長の物語を書いた(歴史)
・『花の慶次』だけは詳しかったのでわかんないときは歌舞伎者と書いた(歴史)
・英文に訳する問題で、日本語をそのままローマ字にして書いた(英語)
・まったくわかんないので創作したハングル文字を書いた(漢文)

漫画家のピョコタン先生はテストで「先生の授業批判。裏面に続くって書いて、先生の授業批判をビッシリ。似顔絵とともに。とにかくクソだ。公務員の怠慢授業だ。惰性でやってるし、教科書読んでるだけだし、時間の無駄。みんな寝ててもお構いなし。つまらなすぎる。そんなクソ授業だから当然テストの答えもわかるわけない。改善を希望する」なんてこともしていたようだ。さらに「そういう文の横に全裸でよだれたらした教師のリアルイラストを描いておく」という徹底振り。……なかなかの問題児だったようである。

とにかく、いろいろな答えの導き出し方があることが判明した。しかし、どれをやっても点数はもらえないと思われる。とにかく空欄を埋めるためだけに無駄な努力をしてきた人たち。少なくとも、空欄で提出するよりは先生に好印象を与えるのではないかと思われる。……たぶん(このニュースの詳細記事はこちら)。

イラスト: 見ル野栄司

■最近のホットなニュースはこちら
メジャーリーグ・日本人選手のホームランが日本人観客を直撃! 訴訟へ
漫画業界の裏!人気漫画家には “たいてい” ブレインがいる
憧れのカプコンに入社しファミ通レビューで殿堂入りしたものの…
児童ポルノに関して政党に電話突撃した『ニコニコ動画』が大人気
岡山でメガドラ焼きが大人気! セガ「ヒットを心よりお祈りしています」

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。