体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

USBの表裏を気にせず差せる『どっちもハブ』を改造し『真・どっちもハブ』を自作する!

どっちもハブ

今回はMIROさんのブログ『MobileHackerz再起動日記』からご寄稿いただきました。
※すべての画像をごらんいただけない方はガジェット通信(http://getnews.jp/archives/212980)をごらんください。

USBの表裏を気にせず差せる『どっちもハブ』を改造し『真・どっちもハブ』を自作する!

どっちもハブ

http://px1img.getnews.jp/img/archives/dscf6225_r.jpg

USBを差そうとする→あ、ささらない→表裏を裏返す→あれ、やっぱり刺さらない→もう一度表裏を裏返す→なんだ最初の向きで合ってたんじゃん! ぐぎぎ。
とても広く使われているUSB端子。なんで表と裏がこんなにわかりにくいねん! ……と思ったこと、ありませんか?
それを解決する『どっちもハブ(BSH4U17)*1』というUSB HUB製品があります。なんとUSB端子が表裏どちらでも差せる構造になっており、どっち向きでも差し込める!!!! のです。すごい! 人類の英知がついにUSBに勝利した!

*1:『iBUFFALO USBハブ バスパワー 4ポート BSH4U17BK』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007BYYN7O/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=mobilehackerz-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B007BYYN7O

実際使ってみるとこれが本当に快適で、普段“USBを差し込む”という動作ひとつでも意外なほど表裏問題をストレスに感じていたことを実感します。冒頭にあげた例のような“表裏を間違えているからささらない”ということが絶対ないことがわかっている、ということは、多少引っかかってもそのまま差せば刺さることがわかっているということなのです。いや、ほんと、これ、言葉にするより実際本当に快適なんですって!
しかしですね。あまりにもの快適さに衝撃を受けたのもつかのま、しばらく使っていると気づいてしまったのです。気づいてしまったのですよ。
この『どっちもハブ』をPCに差し込む時だけはUSBの表裏を気にしなければならないという哀しい事実に……。
なので、この問題を解決し、“真に”USBの表裏を気にしなくてもよい『真・どっちもハブ』を作ることにしました。

真・どっちもハブ 1

http://px1img.getnews.jp/img/archives/dscf6226_r.jpg

『どっちもハブ』はこのようにUSBジャックの中身部分がとても薄く作られていて、どっち向きのUSBプラグでもそのままささるようになっています。

真・どっちもハブ 2

http://px1img.getnews.jp/img/archives/dscf6227_r.jpg

いっぽう『どっちもハブ』のPCに差し込むほう(ケーブル部)は通常のUSBプラグとなっているので、このまま普通の(『どっちも』仕様ではない)USBジャックに差し込む場合は表裏を気にしなければなりません。
ところが。差し込まれる側(ハブ)の『どっちも』製品だけでなく、差し込む側(ケーブル)の『どっちも』製品もあるんです。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。