体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4層の音波で音がこれまでになく立体的になるというワイヤレスイヤホン「QUAD 4D」

音楽を立体サウンドで楽しみたい。そんな人は要チェックのイヤホンがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

カナダのスタートアップが手がける「QUAD 4D」。最大の特徴は、4層の音波と360度サウンドで、この2つの技術は現在、特許を申請中という。

・4Dサウンド

QUAD 4Dは耳栓タイプのワイヤレスイヤホンで、「世界で最も丈夫」とうたうグラフェンとベリリウム製のドライバーを搭載する。

このドライバーにより4層の音波を出すことが可能になり、ここに360度オーディオ技術を加えることで、今までにない“4D”のサウンドを楽しむことができのだという。

普通に音楽を楽しむのはもちろん、映画やゲームなどで使うとより臨場感を味わうことができそうだ。

・通話もクリアに

またQUAD 4Dには3 Dマイクがビルトインされ、ノイズキャンセリング機能も付いている。そのため、通話のとき、音声をしっかり広いつつ雑音は消してくれるので、クリアな会話となる。

ワイヤレスイヤホンの場合、バッテリーのもちが気になるところだがQUAD 4Dは充電機能を備えた専用ケースも活用すれば連続70時間再生できるのもうれしい。

現在、Kickstarterでの出資額は229カナダドル(約1万9000円)〜。出資は7月4日まで受け付け、11月に発送が始まる見込みだ。

QUAD 4D/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。