体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ガイアの夜明け』レオパレス21のアパート物件問題報道の余波? 壁が動く動画ツイートに「手抜き工事どころじゃない」の声

reopalace21_01

2018年5月29日にテレビ東京で放送された『ガイアの夜明け』で、アパートの建築請負・賃貸業のレオパレス21の岐阜県のアパートの屋根裏に部屋ごとに仕切る界壁が作られておらず、建築基準法違反だと指摘。火災が全戸に広がる危険や防音問題があることが取り沙汰されました。また、同日には田尻和人取締役専務執行役員が都内で会見し、1996~2009年に施工したアパートで38棟で不備があったとして謝罪しています。

そんな中、ある『Twitter』ユーザーがレオパレス21のアパートの普請の状態を動画つきでツイートして話題になっています。


壁を足で軽く押すだけでガタガタと音を立てて揺れる様子に、「柱が入っていない」「壁が薄いどころの問題じゃない」「手抜き工事どころじゃない」という驚きの声が上がっており、次のようなツイートも。


ひどいな。壁の枠組みの固定ができていない。外壁で強度を保つ構造であっても地震の際に飛んだり外れたりする構造物は禁止されている。レオパレス物件は火災や地震でヒトコロスイッチとなりえる。

元ツイート主によると「前のレオパレスはそれほどでもなかった」といい、「嫌なガチャ」といった声も上がっていた問題物件ですが、レオパレスだけではないという指摘もありました。


レオパレスとか大和ハウスとかのアパート関連ってだいたいこんな感じの施工だよねー(元施工業者
元請けの命令だからこれしかやりようがないヽ(^0^)ノ

「隣のスマホのバイブの振動音で目が覚める」「台所とトイレの間の壁の下に空間がある」といった体験談も集まっていたレオパレス21の安普請ぶり。アパートを借りる時には壁が固定されているかどうか確かめるなど、注意をした方がよさそうです。また、サブリース会社の企業体質の改善も求められているのではないでしょうか。

2018年5月29日放送 マネーの魔力2 日経スペシャル ガイアの夜明け(テレビ東京)
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20180529.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy