体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アンチは人気の証だから喜べ」という考えに共感集まる! 「叩かれすらされなくなれば終わり」「どんな意見も養分」

anti_01

創作活動をしている人に限らず、『Twitter』などのSNSでも「アンチ」の存在は厄介に感じるものですが、『レバガチャアーカイブ』(ヤングエースUP)原作や小説『モノクローム・サイダー』(中経出版)作者の鯨武長之介さん(@chou_nosuke)が先輩作家の教えをツイート。多くの共感が集まっていました。


「アンチは人気の証」という言葉には、同業者からも「それな」という声が上がっていたほか、「人気がなくなると叩かれさえしなくなる」という意見も。


僕は10年近くWeb漫画描いてますが、下手すぎて叩かれて、それでも描き続けてたら読者とコメント徐々に減っていきましたよ。叩かれすらされなくなったらもう終わりです。

また、人を傷つけるようなマナーの悪いユーザーはファンにもアンチにもいるという指摘も。


ぶっちゃけた話、アンチも信者も別に誰かに指をさされるような悪い存在じゃない。何かを嫌い、好く自由は誰にでもあるわけで。
人を不当に傷つけたり筋の通っていない言動をしたり、ルールを破る「悪いアンチ」「悪い信者」がいるというだけで。

「愛も憎もエネルギー」「どんな意見も養分」といった声もあった「アンチ」の存在。創作活動をしていく上では「アンチ」とも上手に付き合っていくことが長く続ける秘訣といえるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/chou_nosuke/status/1001064428521979904 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。