体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エクセルから包丁の研ぎ方まで…何でも学べるマッチングアプリ『ストアカ』

エクセルから包丁の研ぎ方まで…何でも学べるマッチングアプリ『ストアカ』
J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」。5月28日(月)のオンエアでは、学びのマッチングアプリ『ストアカ』に注目。アプリを運営している、ストリートアカデミー株式会社社長の藤本崇さんに話を伺いました。

■約2万もの講座がある

『ストアカ』は“教える”と“学ぶ”をつなぐ学びのマーケット。全国誰でもネットを介して講座を開くことができます。1回の単発の講座から教えることができ、誰でも学ぶことができます。専門学校やスクールよりも気軽に何でも学ぶことができます。

現在、講師は1万5000人、講座の数はもうすぐ2万講座を突破。予約とレビューの書き込みはネット上で行いますが、カフェなどを借りて、自分なりのワークショップを開く形です。内容は、キャリア教育やビジネススクールで学ぶようなビジネススキル、IT系、趣味の習い事まで非常に幅広いジャンルとなっています。

藤本:ユニークなところでは、バク転が単発で学べたり、包丁の研ぎ方だけで講座が成立しています。170以上のジャンルがあり、数千円で、学べないものはないというほどです。
別所:ビジネス的な内容のものもあるんですよね?
藤本:一番人気はエクセルの講座で、エクセルだけで5000人教えた人もいます。
別所:すごいですね!
藤本:生産性向上と謳われている中で、かなり多くの会社員が、必修としてエクセルを学びたいと思っています。研修だと一部の人しか受けさせてもらえないし、自腹で行くには万単位は高すぎるということもあります。
別所:時間も拘束されるんだったら、教えてもらえる時間も自由に調整できたほうがいいですもんね。

藤本さんは「会社員が副業で教える時代になれば、学びの選択肢がいろいろな人の欲求の背中を押すのではないか」という思いから『ストアカ』を立ち上げたそうです。

藤本:「誰もが先生になれる」がモットーなので、教える側に資格や経歴は要求していません。
別所:「自分だったら何を教えることができるか」と自問自答するのもいいですね。
藤本:反応がなければ書き直せばいいし、ニーズがなければ違うものを教えればいいので、自分のスキルが誰かの役に立つかどうかを問うてみるのにも、いい機会だと思っています。

■シニアの講座が大人気に

教えてもらった人が、教える側になったというケースもあるそうです。

藤本:包丁の研ぎ方を教えている先生はシニアの方で、もともと、老後の過ごし方として写真を学びに来たんです。すると、ワークショップの先生が「誰でも先生になれるから、あなたもやった方がいいですよ」と言われたそうです。その方は調理人に包丁の研ぎ方を教える仕事をしていたため、「主婦にも教えたら価値があるのではないか」と思ってやってみたら大人気になったんです。

別所は小学生のときに、祖母からマフラーの編み方をを教えてもらったことがあり、シニア層の皆さんがお孫さんの世代に編み物の技術、ミシンのかけ方、肉じゃがの作り方など、一点突破で教えるのもいいのではないかと提案しました。 そうすると世代間交流もできるかもしれません。

別所:これはまさにスキルシェアですよね。『ストアカ』が目指すところは、どんなところなのでしょう?
藤本:まずは全国に広めていって、地域展開していきたいです。さらに、オンラインでもスキルシェアが出来たらもっと便利になるので、夢は誰でも気軽に自分が持っているものを少しシェアできること。「教育が民主化されること」というと格好よすぎるんですけど。
別所:「教育の民主化」って、いいですね! 上から……というわけではなく、横のつながりでフラットに、ということですね。

『ストアカ』は募集、掲載は無料です。『ストアカ』を通じて受講料売上が発生した時のみ、手数料が発生します。出版社も注目していて、『ストアカ』で教え続けている人の中から 、過去3年でおよそ100名が著書を発表したそうです。

『ストアカ』は東京メトロとのコラボ企画も始めています。永田町駅にあるカフェで30分で学べる、「30分でまなべる! ビジネスパーソンのためのメトロde朝活」を行っています。人前での上手な話し方や、職場でのコミュニケーションにまつわる講座が開かれていて、朝食付きで2000円。連日満席で非常に需要が高く、今後は他の駅でも展開していく予定だそうです。皆さんも『ストアカ』をぜひチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。