体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YouTuneミュージックが始まった今、Google Playミュージックはどうなる?

Google は今週、YouTube ミュージックという新しい音楽ストリーミングサービスを開始しましたが、その少し前から今多くのユーザーで使用されている Google Play ミュージックの存続も心配されています。
両者は全く異なるサービスではありますが、音楽を視聴するという基本的な部分は共通しているため、将来的には YouTube ミュージックに一本化されるのではないかとの見方も出ています。
この点に関するヒントを Google の T. Jay Fowler 氏が Twitter への質問に回答した中で示していました。
質問者は、今 Google Play ミュージックで保管している 14,000 曲と精査したプレイリストがどうなるのかを心配し、Fowler 氏に質問したところ、Fowler 氏は Google Play ミュージックの音楽コレクション、プレイリスト、設定は YouTube ミュージックへ確実に移行できると回答しました。
これでも Google Play ミュージックの存続はまだ明確ではありませんが、今後、データを移行できる機能が加わることは間違いなさそうです。
もし YouTube ミュージックに一本化されるとしても、まだこのサービスは一部の国でしか提供されておらず、Google Play ミュージックの受け皿となるレベルには達していません。
そのため、今後数年はこの二本立ての状態が続くと見られます。
Source : Reddit

■関連記事
YouTubeアプリの新しい小窓プレイヤーが展開開始
YouTubeのWEBサイトで動画のシェア・チャット機能が利用可能に、共有メニューも刷新
XiaomiのMi 8はシースルーボディを採用か?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。