体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

格ゲー風チャートも! AbemaTVの大相撲中継がスゴイ

格ゲー風チャートも! AbemaTVの大相撲中継がスゴイ
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。5月16日(水)のオンエアのテーマは、「AbemaTVの大相撲中継」。若者に大人気になっています。

■衝撃の大相撲中継とは

AbemaTVでは、今年の初場所から相撲中継をスタート。場所中は連日朝8時半から夕方18時まで9時間半に渡り、序の口から結びの一番まで全取り組を生放送しています。この中継は演出が斬新で、ネット上では「NHKの中継に慣れている人は衝撃を受ける」と話題になっています。そこで今回はAbemaTVスポーツ局の鈴井聡太郎さんにお話を伺いました。

「いつかマスメディアになる」という社内ビジョンを掲げているAbemaTVでは、「メジャースポーツをしっかり取り上げて行くところが重要」と考えており、反響の高かったプロ野球中継に続き、日本国内の人気スポーツの一つである大相撲を届けようと考えたそうです。まずは話題になっている演出方法について訊きました。

鈴井:たとえば、どの力士がどんな強さで特徴があるとかは、裸にまわしで同じヘアスタイルだと見分けがつかないので、そこらへんがしっかりわかるように「格闘ゲーム風チャート」で力士の強さとか、特徴を5段階評価したり、その力士の面白いポイントを紹介してあげて、「バナナが好き」ならバナナのポイントが5になっていたり、「あ、バナナの人ね」と覚えてくれるだけでも見方が変わって、すごく重要かなと思います。

その他にも、格闘技の中継を意識してアニメーションが出てきたり、BGMもずっとかかっていて、取り組みになると、すっと引いてしーんと静かになるなど、さまざまな演出を工夫しているそうですが、相撲に演出を持ち込んだ理由を訊くと……。

鈴井:相撲を観たことがない人や、おじいちゃんの膝の上でNHKの中継を観た人からは「もう自分が観るスポーツじゃない」と決めてしまっていると思うので、AbemaTVは「格闘チャンネル」とか非常に人気があって格闘技を観る人は多いので、そういう人にも「相撲も面白いな」と思ってもらえるように意識をしています。

10代、20代、30代のユーザーが多いAbemaTVでは、かつての若貴ブームを知らない世代も多く、女性誌の表紙を貴乃花が飾るなどといった現象が再びAbemaTVによって実現するという新たなスターの誕生を期待している部分もあるそうです。中継に関してはネットでもポジティブな意見が多く、序の口から中継を行うことで、東京の相撲部屋に子どもを預けている地方の親御さんからの反響も寄せられています。将来の横綱を最初から追うことができるのもポイント。大横綱・大鵬のお孫さんや、朝青龍の親族など注目の若手力士が活躍しており、時間の早い取り組みにも見どころも多いのだといいます。

今後のAbemaTVのスポーツ局について、鈴井さんは「新しい競技などもしっかり取り入れつつ、オリンピックも近づくなか、関心の高い競技の調達も頑張っていき、AbemaTVのプラットフォームに整えていきたい」と語りました。相撲中継もテロップを増やしたりどんどんアップデートしているそうなので、新しい相撲中継をチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『STEP ONE』

放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時

オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。