体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

端末5台を同時に充電できる「PowerDock」はマウスパッドとしても使える!

スマホやスマートウォッチなどのモバイル端末で、ワイヤレス充電対応の機種が増えてきた。置くだけで充電、の手軽さをすでに享受している人もいるだろう。

今回紹介する「PowerDock」もそうしたワイヤレス充電のためのデバイス。同時に端末5台をサポートでき、しかも最大10W出力で急速充電に対応。

加えて、PowerDockそのものをマウスパッドとしても利用できるという、一石二鳥のスグレモノだ。

・ケーブルもつなげる

PowerDock では、Qi対応の端末ならなんでも置くだけで充電できる。最大10W出力なので、iPhone Xや8/8 Plus、サムスンのS8やS9などの急速充電機能をフル活用できるわけだ。

ワイヤレス充電非対応の端末でも大丈夫。PowerDockにはUSB-A3つ、USB-C1つのポートがあるので、ケーブルでつないでデジカメやイヤホンの充電も可能だ。

ちなみにPowerDockのバッテリー容量は1万mAhとたっぷりあるので、あれもこれも充電できる。

・厚さ9ミリ

ユニークなのが、PowerDockはマウスパッドとしても使えること。9ミリと薄く、表面はアルミニウム仕上げなのでマウスをスムースに動かせる。

マウスパッドとして使いながら端末を充電できるので、ラップトップPCにタブレットやスマホなどを携帯して出先で仕事するノマドワーカーには特に便利そうだ。

PowerDockはクラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中で、現在69ドル(約7600円)の出資で入手できる。出資はあと1カ月ほど受け付け、8月にも発送が始まる見込みだ。

PowerDock/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。