体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[かぼちゃのポタージュレシピ]ミキサーいらずのペーストで簡単

[かぼちゃのポタージュレシピ]ミキサーいらずのペーストで簡単

かぼちゃをペーストにすれば、スープやお菓子が簡単に作れます。ここではミキサーを使わないかぼちゃのつぶし方と、ペーストを利用したポタージュとプリンのレシピをご紹介。捨ててしまっていた種の食べ方も説明します。

かぼちゃペーストの作り方

余ったかぼちゃを、まとめて茹でてつぶします。

1. かぼちゃを茹でる

かぼちゃは皮をむいて種を取り、一口大に切ってやわらかくなるまで茹でます。

皮をむいて種を取り、一口大に切ってから茹でる

2. かぼちゃをつぶす

フォークの背か、マッシャー、めん棒でつぶします。

茹でたかぼちゃを、フォークの背でつぶす

3. ペースト状になったら完成

ミキサーがなくても、簡単にペースト状にできる

電子レンジで加熱しても良い

かぼちゃは電子レンジで加熱してやわらかくしてもいいでしょう。耐熱容器に入れてラップをかけ、500wで約3分加熱します。時間がないときにおすすめです。   

ペースト状にしたかぼちゃのレシピ

簡単にできる2つのレシピを紹介します。

かぼちゃのポタージュ

冬は温めて、夏は冷やして飲むのがおすすめ   

かぼちゃのポタージュの作り方

材料(2、3人分)   

かぼちゃ:1/4個

牛乳:200~300cc

塩:適量

ペースト状にしたかぼちゃを鍋に入れる。

とろとろになるまで少しずつ牛乳を入れる。

甘さを引き立たせる程度に、好みの量の塩を加える。

かぼちゃプリン

子どもといっしょに作っても楽しい!   

かぼちゃプリンの作り方

材料(2、3人分)   

かぼちゃ:160g

牛乳:100cc

砂糖:30g

ゼラチン:5g

生クリーム:100cc

シナモン:少々

水(ゼラチン用):30cc

ペースト状にしたかぼちゃをボウルに入れる。

水の入った器にゼラチンを混ぜて数分置き、電子レンジで加熱する(500wで約30秒)。

牛乳を電子レンジで温める(500wで30秒)。

1のボウルに、3と砂糖、生クリームを入れ、2とシナモンを加えて混ぜる。全体がなめらかになったらプリン型に入れ、冷蔵庫で冷やして固める。

生クリームが残ったら砂糖(分量外)を入れて泡だて、プリンにのせても良い。

かぼちゃの種も食べよう

1 2次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。