体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「信長」と呼ばれた娘とともに、華麗なる上杉家の足跡をたどる

「信長」と呼ばれた娘とともに、華麗なる上杉家の足跡をたどる

あるとき娘の学校へ行くと、どこからともなくこんな声が聞こえてきました。
「おい、信長~」
ほう。そんな名前の子がいるのか、と思ったのもつかの間。
「何?」
返事をしたのは目の前にいた我が娘だったのです。え、信長って、あなただったの……。

根っからの織田信長好きが高じて、いつしか自分自身が「信長」と呼ばれていた娘。そんな彼女には数年前からどうしても行ってみたい場所がありました。山形県にある、伝国の杜・米沢市上杉博物館。ここには信長が上杉謙信(うえすぎけんしん)に贈ったとされる、上杉本洛中洛外図屏風が所蔵されているのです。大変だった中学受験も終えたことだし、このタイミングで一丁行っておきますか、米沢! ということで、信長と呼ばれた娘とその母は、米沢歴史旅に繰り出したのでした。

いざ行かん!歴史とグルメの米沢へ

東京から米沢までは新幹線で約2時間。たくさんの旅人たちでにぎわうJR東京駅から「つばさ127号」に乗り込んで、いざ出発です。
行くぜ東北、行くぜ米沢。つばさに乗って

行くぜ東北、行くぜ米沢。つばさに乗って

あっという間にJR米沢駅へ到着しました。
米沢駅

駅名の赤が色鮮やかで印象的な米沢駅

最初に訪れたのは、駅から車で10分ほどの場所に位置する松が岬(まつがさき)公園。米沢城跡につくられた公園で、今回のお目当てである上杉博物館をはじめ、上杉家にまつわるさまざまな名所が集結しています。どこから回るか迷いつつも、まずはやっぱり上杉神社から。
上杉神社鳥居

上杉神社の堂々たる鳥居

上杉神社には、戦国時代最強の武将のひとりとして知られる上杉謙信が祀られています。
上杉神社の本殿。明治神宮の設計者としても知られる伊東忠太による設計

上杉神社の本殿。明治神宮の設計者としても知られる伊東忠太による設計

厳かなたたずまい。境内には、太鼓をドンドンと打ち鳴らしながらの力強い祈祷の声が響いていました。

毘の旗

参道の入り口に掲げられた「毘」と「龍」の旗。上杉謙信は自らを戦いの神、毘沙門天の生まれ代わりだと信じていたとされ、軍旗にもこの「毘」の字が記されていたといいます。

参道を歩く娘
1 2 3 4 5 6次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。