体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

性格のいい会社ランキング1位の会社が守る、7つの「ルール」

性格のいい会社ランキング1位の会社が守る、7つの「ルール」

2018年2月、ミライフ代表の佐藤雄佑は、Vorkersと合同で「性格のいい会社ランキング」を発表しました。1位を獲得したのはSPEEDAやNewsPicksなど、経済情報サービスを提供する株式会社ユーザベース。同社の共同代表・稲垣裕介さんが、「7つのルール」を中心とした会社の風土づくりを語ります。

※本記事は、「PR Table」より転載・改編したものです。

性格のいい会社TOP3の共通点は「価値観の共有」

▲ユーザベース稲垣さん(左)とミライフ佐藤(右)。バックはユーザベースのテーマカラー“赤”

今回発表した「性格のいい会社ランキング」は、国内最大級の社員クチコミ数を誇るVorkersに投稿された会社評価レポートのうち、回答者数が10人以上かつ1カ月の残業時間が45時間未満の企業3,318社への回答15万2,741件のデータを対象としました。

佐藤は「性格のいい会社」の定義を「人に対する考え方がある会社」、つまり、「人材ポリシー」のある会社だといいます。いい人材を採用し、活躍してもらうことで、会社を成長させていくという「人を起点とした経営」を志し、そのために、社員個々に対して、働きがいと多様な働き方を提供していく会社というのが「性格のいい会社」です。

今回、Vorkersのクチコミデータから「性格のいい会社」を抽出するにあたり、働きがいの指標としてVorkersの5段階評価項目から「風通しの良さ」「20代成長環境」「社員の相互尊重」のスコアと、多様な働き方の指標として「ワーク・ライフ・バランス」「女性の働きやすさ」のクチコミをVorkers独自の機械学習技術によってスコア化し集計しました。

ランキング結果を受け、佐藤は「かなり実感値と近い結果になった」といいます。上位企業のクチコミには、「ビジョン、ミッション、バリュー、経営理念」「自由自律、裁量」「オープン、フラット」といった共通のキーワードが出てきており、これらはまさに佐藤が提唱する「性格のいい会社」の内容に共通するものだからです。

特にTOP3の会社に共通するのは「価値観の共有」が浸透されている点。

3位のGoogleには価値観として「Googley(グーグリー)」という言葉が浸透しており、2位のファインドスターでは、理念や価値観の総称を「BeSTAR(ビスタ)」と呼び、理念の浸透に力を入れています。そして、1位のユーザベースは、ベンチャーらしい価値観の詰まった「7つのルール」を設けています。

「7つのルール」を浸透させるために、エース級人材を配置した「カルチャーチーム」

▲ユーザーベースの共通の価値観「7つのルール」

ユーザベースの口コミを見ていくと、特に「風通しの良さ」「社員の相互尊重」といった働きがいの項目での評価がトップクラスに高いことが分かりました。実際のコメントを見ると、同社の価値観である「7つのルール」についての言及が多く、なかでも、「7つのルール」に対して「言っていることと、やっていることが合っている」というコメントが目立ちました。

ほかにも「ミッションドリブン」「自由と責任」「社内がフラット」「コミュニケーションが密で、みんなで話し合う文化がある」「社内政治がない」というコメントも見られました。このことについて、稲垣さんは嬉しそうに語ります。

稲垣さん「言い換えると、『オープンである』ということですよね。社内でもよく『オープンコミュニケーション』という言葉を使っているので、この項目が高いというのはすごく嬉しいです」

「言わない」ことが余計な疑問を生み、不満が溜まるキッカケになってしまうため、同社では「とにかく率直に伝える」ことを重視し、常々と社員に伝え続けているといいます。

もちろん、経営メンバーに対しても、どんな意見を言っても構いません。むしろ意見を言わないと叱られる社風で、「僕の意見だから通るということはなく、平気でつぶされますよ」と稲垣さんは笑います。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。