体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【藤原和博×西野亮廣の未来講座⑤】「信用でつくる経済」とは

2時間目「信用でつくる経済」 西野亮廣

西野:

座標軸(上:認知、右:信用)があったとして、横に行けば行くほど信用ある。

 

で、上に行けば行くほど、認知がある。

 

くれぐれも言っておきますけど、好感度じゃないからね。

 

信用度だからね。

 

たとえば淳さん(ロンドンブーツ1号2号)どう?

 

クラウドファンディングで全然お金が集まらないのね。

 

真ん中の上ら辺?多分そのあたりだよね、認知はすごいあるから。

 

 

そのあたりでもいいんだけど、大体、左上のマス目に入るよね。

 

僕とかホリエモンとかは、多分この辺(右上)なんですよ。

 

ざっくりいうとこちら側、右側に入っているわけですよ。

 

じゃあ、おばさん、むっちゃいいおばさんっているでしょ?

 

朝起きて、頼まれてもないのに近所を掃除して、悪口も言わないし、人のためにすごく奉仕する。

 

おばさん、ここだよね(右下)。

 

 

何が言いたいかって言うと、信用さえあればお金をつくれる時代になったって言ったでしょ?

 

つまり、クラウドファンディングという信用を両替する装置ができた。

 

クラウドファンディングだけじゃなくてオンラインサロンもまさにそうだよね。

 

自分の身を切り売りしているファンクラブもそう。

 

後は「VALU」、自分を株式化して売っちゃうみたいな。

 

「タイムバンク」もそうだよね。

 

自分の信用をお金にするための装置がいっぱいできて、信用さえあればいいじゃんとなって、通貨が、ある時から紙幣から信用になった。

 

信用さえあれば紙幣をつくれるようになっちゃった。

 

それでみんなもよく聞くと思うんだけど、 Twitter のタイムラインでも「信用経済」とか「評価経済」とやたら流れてない?

 

要は“信用さえあればいいんだよ”っていうことやたらみんな言うよね。

 

信用を稼ぎにいけと。

 

僕も言うんだけど、信用稼いだら結果的にお金をつくる選択肢をいただけるからね。

 

そういった装置、たとえばクラウドファンディング。

 

クラウドファンディングのターゲットというのは信用があって認知がある人。

 

ここ(座標軸の右上)にいる人たちが、恩恵を受ける。

 

「ゲスの極み乙女。」もクラウドファンディングをやったら絶対お金集まる。

 

テレビタレントはこっち(左上)にいるんですよ。

 

だからクラウドファンディングとすこぶる相性が悪い。

 

アーティストは結構こっち側(右上)にいる。

 

アーティストは嘘をつく必要ないし、グルメ番組にも出ないから、本当のことしかやってないからこっち(右上)にいる。

 

“テレビに干されても全然構わないよ”って人たちがこっちにいる。

 

それで、ターゲットもそこ(右上)なんだけど、これって信用経済だっけ?って思ったの。

 

だって、信用あるおばさん取りこぼしてるよね。

 

これ信用経済じゃなくて、人気経済じゃない?って思った。

 

おばさんをシェアしないと信用経済とは言わない。

 

これは人気経済である。

 

人気がないとお金が入ってこないっていうのは、ちょっと息苦しくない?

つまり、SNSでいいことやんなきゃいけないし、常に発信しなきゃいけないし、有名にならなきゃいけないし、こんな息苦しい世の中はおもしろくねえなと思って。

 

おばさんをシェアして初めて、信用経済だよね。

 

ここ(右上)だけだったら人気経済だよね。

 

つくりたいのは信用経済なんでね。

 

本当の意味での信用経済は、おばさんを助けること。

 

で、前回の終わりで宿題を出したと思うんだけどおばさんを助けるためにはどうしたらいいでしょうか。

 

答え出ました?

 

出た!?すごいね。

 

ちょっと前出てしゃべって!

 

どういうの出た?むちゃくちゃリアルに言うとおばさんにお金が集まるようにしたいわけよ。

 

他の助け方もあるかもしれないけど。

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。