体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仲良しすぎてパンツも貸す!? 今再注目されている日本の文豪について聞いてみた。【石井千湖インタビュー】

レトロ風なデザインが素敵な『文豪たちの友情』。

最近、日本の文豪について目にする機会が増えたと思いませんか? ゲームなどで人気が再燃しているそうなのですが、学校で習ったことくらいしか文豪についてはわからないし……。そんな人のための、文豪同士の関係を「友情」をテーマにわかりやすく紹介する『文豪たちの友情』(立東舎刊)という本が出ました。今回は、著者である石井千湖さんに、文豪たちの魅力について語ってもらいました。

今回お話を伺った著者の石井千湖さん。

ーーご著書の『文豪たちの友情』は、明治から昭和までに活躍した文豪同士の友人関係にスポットを当てた本ですね。最近こういういわゆる「文豪」はどうして人気なのでしょうか?

石井 『文豪ストレイドッグス』『月に吠えらんねえ』『文豪とアルケミスト』など、文豪やその作品をキャラクター化した漫画、ゲームがヒットしたことが大きいでしょうね。モデルにした人物を写実的に描くのではなく、作者の取り入れたいエッセンスだけを取り入れているところがそれらの作品の特色だと思います。

彼らの関係は、とてもややこしくて、とても美しい。

 たいていの人は、国語の教科書で文豪と出会います。学校の授業で強制的に読まされるわけですよね。押しつけられたものには興味を持ちづらい。生きていた時代が違うから、すんなり理解できない部分もありますし。いったん実在人物と切り離して、物語のキャラクターとして見ると愛着がわきやすくなるのかもしれません。キャラクターとして好きになった文豪のことをもっと知りたくて、多くの人が実際に作品を読む。で、文学そのものの魅力に目覚めてしまう。そうやって読書の楽しみが広がっていくのは素晴らしいことじゃないでしょうか。

ーー『文豪たちの友情』では全13組を紹介していますが、中でもお気に入りのエピソードを教えてください。

石井 うーん、どのエピソードも気に入っているので難しいですね。もちろん仲良くなるまでの過程や別れの切なさには惹かれるのですが、細かい話が好きです。国木田独歩と田山花袋が同居していたときに豆腐ばっかり食べていたとか、中原中也と小林秀雄がドミノで遊んでいたとか、芥川龍之介が佐藤春夫にパンツを貸したとか(笑)。

パンツを貸したエピソードが載っている「芥川龍之介と菊池寛」のイラスト。(『文豪たちの友情』より)

ーーこの本を読んで一番気になったのは佐藤春夫でした。彼はやたらと交友関係が広いですよね。こんなに友情にあつい人は他にいないのではないでしょうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。