体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

野菜嫌いでも青汁が飲める?トロピカルフルーツ味の『モリモリスリムフルーティー青汁』を実際に飲んでみた!

40種類の野菜・果実・ハーブなどを配合した『モリモリスリムフルーティー青汁』 は、青汁が苦手でも飲めて、朝スッキリ!とクチコミで人気の商品。「本当にそんなことがあるの?」と疑っている、青野菜が苦手な記者が実際に飲んで確かめてみた!

便秘、痩せない、肌荒れは野菜不足が原因かも!

慢性的な野菜不足だと、「毎日お通じがスッキリしない」とか「肌荒れぎみで、ニキビや吹き出物がちらほら」など腸内環境が原因と思われる悩みがいっぱい。また、年齢を重ねるほどに「食事制限をしているのに痩せにくい」という人も多い。野菜不足は腸内環境を乱し、様々な不調を引き起こす大きな問題だ。

 

そんな悩みをスッキリさせたいときに頼れるのが「青汁」という飲み物。株式会社ハーブ健康本舗(福岡県福岡市)『モリモリスリムフルーティー青汁』 (30包入り・定期価格 税込3,456円)は、その飲みやすさとおいしさがクチコミで人気を呼んでいる。野菜が苦手な記者にとって、とても気になる存在だ。

青汁といえば、野菜が苦手な人からすれば「絶対に飲みやすいワケない!」と大批判してしまうほど野菜が凝縮された飲み物。記者はこれまでいくつかのメーカーが出す青汁を飲んできたが、おいしいとかまた飲みたいとか思う青汁にはまだ巡り合えていない。『モリモリスリムフルーティー青汁』 はトロピカルフルーツ味だというが、本当においしく飲めるのだろうか?

『モリモリスリムフルーティー青汁』は素材を凝縮した粉タイプだから、牛乳や豆乳と混ぜると栄養満点の「置き換えダイエット」にもなる。ジャンクフードの代表格であるハンバーガーセットが約900kcalなことに対し、『モリモリスリムフルーティー青汁』と牛乳150mlを混ぜた特製ジュースなら1杯なんと114kcal! こんなに低カロリーで栄養満点、なおかつおいしいとなれば絶対続けられるはず。さっそく飲んで、味を確かめてみよう!

『モリモリスリムフルーティー青汁』は水や牛乳と混ぜるだけ!

厳選素材を凝縮しているという『モリモリスリムフルーティー青汁』。通販市場健康茶部門で2年連続売上NO.1(TPCマーケティングリサーチ調べ)を獲得している自然美容健康茶「モリモリスリム」の青汁バージョンだ。個包装のスティックタイプで、1カ月分約30包がセットになっている。とても小さいので、旅行やおでかけにもポーチに入れて持ち運べるほど。家族や友達とシェアしやすいこともうれしい。

この中に、九州産の大麦若葉をはじめ、明日葉、ケール、ゴーヤなど体にイイとされる野菜が7種類も! さらには、リンゴやマスカット、バナナ、クランベリー、ライチなど16種類のフルーツ、17種類のハーブまで配合されている。

また、「生きて腸まで届く乳酸菌」をはじめとする乳酸菌を合計100億個、腸の働きを助けてくれる「植物酵素」も配合! 糖の吸収スピードを抑える「難消化性デキストリン」(トウモロコシ由来の食物繊維で、トクホ飲料によく含まれている)も配合。便秘や野菜不足解消のための素材がぎゅっと詰まっている。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。