体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
空港泊・・・と聞くと、なんだか危険なイメージがありますよね。なるべく避けたいものですが、夜中に空港に着いてしまい、街まで行く手段がないときなど、予想外のハプニングが起こって空港で夜を過ごさなくてはならない時があるかも知れません。そんな時のために、空港で安心かつ快適に夜を過ごすための10のポイントをご紹介します。

1. 監視カメラに近い場所で寝る

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
仮眠をとる時にまず気をつけなくてはいけないのが、身の周りのセキュリティ。監視カメラの近くや他の旅行者が比較的多い場所を選ぶと安全です。

2. 仮眠用のアイテムを持っていく

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
台風などで飛行機が運航するか分からないけれど、ひとまず空港には行かなくちゃ・・・という時は、ブランケットや耳栓など、仮眠用のアイテムを持っていくと、空港で一泊しなくてはいけなくなった時に役立ちます。

3. 仮眠場所を早めに確保する

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
大きな国際空港では、夜遅い時間に到着すると、ベンチに空きがないことも(!)。特に夏の間は混みあう可能性が高いので、早めに場所を確保するのが吉。

4. 別のターミナルへ移動する

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
もしベンチがいっぱいで空きが見つからなくても慌てないで。ターミナルを移動すれば、見つかることがありますよ。もし夜に国内線が閉鎖されてしまった時は、国際線が開いていないか確認してみてくださいね。

5. バッグを抱えたまま寝る

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
空港で仮眠をとる時に一番心配なことは、なんといっても荷物の安全。バッグのジッパー部分を自分の方に向けて抱えたまま寝れば、動かされた時に気付きやすくなりますよ。

6. 寒さ対策をしっかりする

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
空港によっては、夜になると極端に寒くなるところも。寒暖差対策に、帽子やブランケットを持っていくと安心です。

7. 荷物から目を離さない

今夜は空港泊になりそう?空港で一夜を過ごす時に気をつけたい10のポイント
荷物を盗まれないようにするには、どこへ移動するにも荷物を持っていって、目を離さないようにするのが一番。特に一人旅の人や、人の多いエリアで仮眠をとる人は注意してくださいね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。