体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TelloをAndroidスマホとGamesir T1ゲームコントローラーで飛ばす!

Tello ドローンは基本的にスマートフォンを使って操縦しますが、Bluetooth ゲームコントローラーでの操縦にも対応しており、本格的な FPV フライトや VR モードで Tello のフライトを楽しむことができます。
しかし、利用可能な Bluetooth ゲームコントローラーは限られており、全てが対応しているわけではありません。
さらに Android と iPhone とで事情も異なるため、iPhone で使える Bluetooth ゲームコントローラーが Android では使えない場合もあります。
iPhone なら MFi 認証を取得している Bluetooth ゲームコントローラーは使えると海外のネットで情報が出ていますが、Android の場合、そういった情報は乏しいです。
ただ、Gamesir 製で Android にも対応している Bluetooth ゲームコントローラーならその多くが対応している模様です。
私が試したところ、Android 8.0 を搭載した Xperia XZ2 に Gamesir T1 を接続したところ、Tello を操縦することができました。
左右のジョイスティックで上昇下降、回転、移動を操作でき、L1 と L2 で動画と写真を撮影できます。
離陸はアプリ画面を操作しないとできない模様です。
Bluetooth ゲームコントローラーが Tello で使用できるなら Tello アプリ設定メニューの「Bluetooth controller settings」に製品名が表示されます。
そこで未接続の状態にあるゲームコントローラーをタップして接続します。
Bluetooth ゲームコントローラーが使用可能な状態になると、Tello アプリのフライト画面から仮想ジョイスティックが消えます。
それが利用可能を示す合図です。

■関連記事
Tello、ファームウェアとAndroidアプリのアップデートで動画のラグが改善、アプリの表示も変更
2画面スマホ「ZTE M Z-01K」でGoogleアシスタントが更に便利に
Googleフォトのトップ画面が「フォト」タブに変更

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。