体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“今、旬な美少女 に会える”女子学園祭が東京・蒲田で再び開催 コスコレ女子大学学園祭レポート

コスプレやポートレート撮影で人気を集める美少女6人が、学園祭を演出しながら物販や撮影会を行うイベント『コスコレ女子大学学園祭』が3月31日にユザワヤ蒲田11号館(東京都)で開催されました。その都度、名前と場所を変えながら“学園祭を演出した撮影会”となっており、東京での開催は2回目です。

同イベントはコスプレコレクション(以下、コスコレ)が開催。メンバーを半分ずつ撮影と物販タイムで振り分け、参加者がモデルの撮影だけでなく交流もできるようになっています。会場ではコスプレ衣装やオリジナル制服、メイド服を身にまとったモデル6人が、イラストを描いたり、抹茶を点てたり、手料理を作ったりしながら、ファンと交流する光景が見られました。

モデルに選ばれたのは、中国の人気コスプレイヤーの小柔SeeUさんや、『週刊ヤングジャンプ』(2018年10号)で初グラビアを披露した夢咲はゆさんなどネットで話題の美少女ばかり。一般的なコスプレイベントであれば、何十人ものカメラマンが囲むことが多くて撮影するだけで大変ですが、同イベントの撮影ができて会話も楽しめる点が人気を呼んでいます。

また、海外の人気コスプレイヤーを可能であればモデルとして呼ぶことも特徴。コスコレ代表の近藤秀和さんによると、「弊社は海外でのイベント開催も多く、日本のコスプレ文化が海外に広まってから年月が経ち、各国で根付いてきたのを感じています。そこで、海外で活躍する著名のコスプレイヤーを日本の方にも知ってもらいたかった」とのことです。毎回、どんな少女が海外から参加してくれるのかも注目ポイントですね。それでは、取材させて頂いたモデルの少女達を紹介します。

小柔SeeU  @seeu_cosplay

「中国からの留学生」という設定で参加。日本でも「まるでCGアニメ」のようなコスプレのクオリティーの高さが話題になり、現在は『Twitter』のフォロワー数は9万6000を超えています。来日にあたって、「日本の桜を見るのが楽しみ」だったそうです。同日披露したコスプレは、『Fate/Grand Order』の玉藻の前です。

夢咲はゆ @dream_hayu

前回は「書道部」でしたが、今回は「茶道部」の設定で参加。かつては女子高生コスプレイヤーと注目され、現在は“群馬の天使”と呼ばれる現役女子大生です。中学高校合わせて茶道を6年、書道を2年学んでおり、「今日はたくさんの方に抹茶を飲んで頂けて、お話もできて楽しいです」と言っていました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy