体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『TinyWar high-speed』 むらがる8ビットのユニットが楽しい短期決戦型RTS

『TinyWar high-speed』は、建物を配置するRTS(リアルタイムシミュレーション)だ。

その建物からは軍隊が無限に湧いてきて、敵の中心地を占領するまで前進をやめない。また、建物には防御系のものもあって、破壊されるまでひたすら敵を迎撃する。ウォーシミュレーションゲームによくある弾薬や燃料の概念はない。極限までそぎ落とされたシステムで、惑星での戦いを勝ち抜く。

ウォーシミュレーションゲームというのは、古くからある人気のジャンルだ。そもそも、古代エジプトから連綿と続くゲームの歴史は、軍隊の机上演習から始まったと言われている。もちろん、ここで言うのは画面とコントローラーを使うゲームのことだが。いわゆる「テレビゲーム」の黎明期である、ファミコンの時代にはすでに複数のタイトルが販売されていた。

その名もズバリ『ファミコンウォーズ』や、今ではスマホにまで進出した『ファイアーエムブレム』だ。

ウォーシミュレーションはその後、スーパーファミコン、ゲームボーイと次世代機ごとに誕生し、様々な種類が生まれた。

操作するユニットも、騎士からスーパーロボットまで多種多様になり、システムも一つの戦場を争う戦術級のものから、補給の概念を扱った戦略級のものまで幅広くなる。

時代がくだり、パソコンとサーバーの能力が向上すると、ネットワーク対戦を実装し、かつ数百のユニットが同時に動くゲームも登場し始めた。むしろ、ゲームのオンライン化の最大の恩恵を受けているのが、シミュレーションゲームと言えるかもしれない。

そんな、生まれた時からパソコンがあり、ゲームボーイが電池で動くことすら知らない世代の増えた2018年。個人サークル「るてんのお部屋」が、8bit風RTS『TinyWar high-speed』のSteam配信を開始したのだった。Steam配信なので、原則としてパソコンでプレイすることが前提だ。しかし前述のとおり、このゲームに複雑なルールはない。

死んだユニットがそのセーブファイルでは二度と使えなくなることなんてないし、物資輸送の計算のためリアルでペンとメモ用紙と電卓を使わされる、なんてことはまちがってもありえない。

数で迎撃し、数で押す。基本はこれだ。
 
image6
赤いのが味方ユニット。まさにアリの兵隊
 
実はこのゲーム、個人的にプレイするのがかなり楽しみであった。

幼いころ「ゲームボーイウォーズ」にはまっていて、こうゆうグラフィックになつかしさを感じていたのだ。
 
image1
 
訓練=チュートリアルがないだと? 上等だ! やぁぁぁってやるぜ!!
 
image3 
ぎにゃあああ

一戦目こそ後れを取ったものの、二戦目以降は順調に勝ち進むことができた。

このゲームのジャンルであるRTSとは、「リアルタイムストラテジー」の略で、日本ではシミュレーションの一つとして扱われることが多い。

敵も味方も常時待ったなしで動き回るので、気がつけば拠点を攻め落としたり攻め落とされたりしている。

なので、初見こそは面食らうし、慣れない人はなかなか慣れないかもしれない。

ただ、この『TinyWar high-speed』は、前述したとおり、シンプルで直感的に操作できるので、一回数分の戦闘を数回こなせばゲームを習熟することができる。

なお、操作はマウスで行うことができる。コントローラーは必要ない
 
image2
わかりやすい敵
 
このゲームの基本的なユニットは5種類。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。