体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ボス・ベイビー』3人の日本人クリエイターに聞く映像へのこだわり「CGの技術が進んだ今だからこそカートゥーン調の絵柄が蘇る」

ボス・ベイビー

現在大ヒット公開中の映画『ボス・ベイビー』。黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”がスクリーンで大暴れ! すでに映画を観た人からは「ギャグたっぷりで笑えた!」「ボス・ベイビーがむかつくけどかわいいw」「最後にはジーンとさせらえれた」と称賛の声が聞こえてきます。

本作を制作したのは、全世界で3690億円以上(7/18付けBoxOfficeMojo調べ)を稼いだ『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』『SING/シング』といった日本でも大ヒットを連発しているユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などのヒット作を手掛けるドリームワークス・アニメーション。この2つの会社が初タッグを組み、全世界で約540億円を超えるヒットを記録しています。

今回は『ボス・ベイビー』制作に携わった3人の日本人クリエイターにインタビューを敢行。映画の見どころやこだわりについてお話を伺いました。

ボス・ベイビー

――皆さんのお仕事内容、『ボス・ベイビー』でどんな事をしたのかを教えて下さい。

モリヒロさん:私はキャラクターリギングの担当でして、キャラクターリギングとは人形劇で例えるえると、元の人形を作るのがモデリングといって人形を舞台の上で動かすのをアニメーターというのですが、リギングではモデリングの人が作ったキャラクターに関節を入れたり、アニメーターの人が動かせるような状態にする仕事をしています。直接ショットでは仕事はしないで、キャラクターの顔のセットアップをする係なのですが、そのキャラクターがティムとフランシス・フランシスとユージーンとジンボです。主にその4キャラクターを担当しました。

ナカムラさん:ライティングをしています。まさしくライトを当てる仕事をしています。ライティングはデパートメントの最後の部門なんですよ。だから、いろんな部門からいろんなデータがやってくるんですね。そこで最終的にレンダリング(コンピュータ上で絵を作ること)をかけるのもひとつの仕事なんです。でも、必ずしもデータがキレイにくるわけじゃなくて大体が何かしら問題があるんですね。特にうちはパイプラインが複雑なのでうまく来ることのほうが少ないんですよ。なんでうまく来ないのかを見つけてレンダリングをしなければいけないので、どこに問題があるのかを見極めて、テクニカルな部門であればテクニカルサポートの人に手伝ってもらったり、簡単なことであれば自分で直したりとか、もしくはモデリングの人に直してもらったりしてレンダリングできる形に持っていきます。

そして、レンダリングをかけた後にコンポジティングという仕事があります。コンポジティングというのは、レンダリングしたコンピュータで作った1枚1枚のレイヤーを最終的に合わせることなんですけれども、ここではそこまで含めてライティングの仕事です。コンポジティングした後、絵をもうちょっと変えたいなってなった時に、もう1回レンダリングをするのはものすごい時間がかかって手間なので、コンポジティングで細かい調整をするところまで含めてライティングをやっています。

タケヒロさん:僕もラスベガスのショットと、もう1つは、ボス・ベイビーとティムが捕まって、フランシス・フランシスが生い立ちを話すシーンがあるんですけども、そこを担当しました。

――そのお仕事着手から映画完成までどのくらいの時間がかかりましたか?

モリヒロさん:私の場合1年半ボス・ベイビーに携わっていました。これは映画ごとに状況が異なって、リギングの場合、大体半年から一年で、1年半っていうのは割と長かったほうだと思います。

タケヒロさん:大体ライティングの場合で言うと、並行してショットをいくつか貰うんですね、何10ショットとかを。それを何ヶ月かに分けてやるんですが、大体ワンショット1週間くらいですかね。でも実際はテックスフィックスっていうノイズを綺麗にする作業があるんですが、アートディレクターにOKと言われていても細かい部分でノイズが出ていたりします。我々の場合は、ステレオでも細かい部分に不具合が出てくると直したりするんですね。それをやってくれるデパートメントもあるんですが、基本は私たちが直すので、そういうのも含めるとワンショット1週間以上かかるんじゃないでしょうか。全部で30シークエンスくらいあってワンシークエンスに対してショットが平均して20〜30くらいあるので、その中の何ショットか、何10ショットを担当するって感じです。2ヶ月か3ヶ月貰うんですが、その中で何10ショットも仕上げなければならないので平均すると1週間くらいかなという感じです。

1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy