体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウマいメシ!エアコン完備!塀の外より快適な“民間刑務所”の実態

どもども、最近裏社会のことをまったく書いていない特殊ライター・丸野裕行でっす!

あなたは、民間の刑務所というものをご存知でしょうか? な、なんと、PFI方式(Private Finance Initiative)を利用した刑務所なんです。
まぁ、非常に小難しい感じでお話しておりますが、要するに資金の一部を、民間企業からの社会資本整備事業(これをPFIって呼ぶんですって)のお金によって運営がなされている刑務所ということなんですね。

旧・黒羽刑務所喜連川刑務支所跡地に国が開設した“民間刑務所”の場合、それぞれの振り分けは次のようになっています。

・施設の維持管理『東京美装興業』
・総務事務支援『フジスタッフ』『セコム』
・施設警備『セコム』
・職業訓練や領置物保管・健康診断・刑務作業企画支援『三井物産』
・教育面『小学館プロダクション』
・食事・衣類提供・洗濯・清掃『エームサービス』

刑務所維持の財政負担を14億円を軽減できた国は万々歳で、その代わりに、維持管理費を各事業者に支払うというもの。
事業者側も、購買と職員食堂事業からの収益を得られるので、お互いにWinWinということなんですね。

僕らみたいに刑務所に収監されたことのない人間にとっては、どんな違いがあるんだろうと思ってしまうんですが、一般的な刑務所との差は、雲泥の差だそうです。

日本には現在5ヵ所の民間委託刑務所があるんですが、刑務所とは呼ばずに《社会復帰促進センター》と呼ばれています。

収容される基準は?

このセンターへ入所できる基準は、
【A級】……刑期が1年以上8年未満の犯罪傾向の進んでいない者(初犯者)
【P級】……軽度の身体上の疾患又は障害がある者(医療刑務所または医療重点施設への収容を必要とする者)
【M級】……精神障害がある者
この3種類の級のみになります。

更生プログラムとしては、収容者同士のグループセッションを中心とした改善指導。職業訓練なども行い、パソコン操作など企業の即戦力として就労できるサービス業に重点を置き、理容師養成、介護士養成、医療事務養成、パン職人養成、PC上級養成、デジタルコンテンツ編集者養成、調理師養成、経理養成などで資格取得もできます

身体に障害を持つ受刑者のためには、理学療法士、トレーナーによるリハビリ、作業療法なども行うそうです。もちろん、高齢の受刑者には、認知症予防のためにも、脳トレドリルを活用したりするとのこと。センター内には、運動スペースの付いた個室や庭園型運動場も整備されています。

どんなところなの?

テレビや映画で見かける一般的な刑務所とは違い、外壁はコンクリート壁ではなく、フェンスが3重に施設周囲を取り囲んでいて、建屋内には男性用の棟女性用の棟もあるんです。

収容される房は、なんと5施設の約90%以上が完全個室。鉄格子がマストなはずの窓にも、強化ガラスが使用されているんですね。かなり開放的な造りって感じなので、自分が刑務所に入っていることを忘れてしまいそうです!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy