体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽量版「Google マップ Go」がダウンロード可能に

RAM 容量が 1GB 未満のエントリーモデル向けに Google が新たに開発した「Android Oreo(Go Edition)」向けの地図アプリ「Google マップ Go」が機種を問わず個別にダウンロードできるようになりました。
Google マップ Go は、まるでフルバージョンの Google マップのような外観で、地図やプレイスページの表示や施設やルートの検索といった基本的な機能の他、Google マップへの各種投稿や現在地の共有も利用できるなど、多くの機能をそのまま利用することができます。
しかしその実態は Google マップのモバイルサイト版となっており、Chrome ブラウザで実行される WEB アプリという形態をとっています。
とは言え、エンドユーザーにとっては、ネイティブアプリなのか WEB アプリかは関係ありません。
Google マップ Go は軽量版 Google マップなので、Google マップナビやオフラインマップ、一部のローカルガイド向け機能は省かれていますが、利用することの多い主要な機能の大半はそのまま利用でき、実際の使用上で困ることはほとんどないでしょう。
「Google マップナビは必須」だという方は継続してフルバージョンの利用をおすすめします。
Google マップ Go」(Google Play)

■関連記事
Googleの「Files Go」アプリに検索機能が追加
Wear OSのGoogle Playミュージックが便利に
パナソニック、デザインを刷新した新生「P100」を発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。