体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大活躍の俳優・梅沢富美男、人気の背景にある“時代のニーズ”とは?

大活躍の俳優・梅沢富美男、人気の背景にある“時代のニーズ”とは?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。3月20日(火)のオンエアでは、近年CMやテレビで大活躍の俳優・梅沢富美男さんの人気の秘密や時代のニーズについて迫りました。

■梅沢富美男さんの人気の理由は3つ

現在67歳の梅沢さん。大衆演劇の女形として人気を博し、1982年には楽曲「夢芝居」もヒット。2000年代に入ると、ワイドショーのコメンテーターやバラエティ番組で引っ張りだこに。今年も、レモンのかぶりものでCMに登場したり、ゴールデン番組の司会をつとめたりと活躍しています。

梅沢さんは、なぜお茶の間に求められ続けているのでしょうか。雑誌『日経エンタテインメント!』初代編集長で、日経BP総研 上席研究員の品田英雄さんに伺いました。

品田:人気の理由をキーワードで挙げるなら「大御所」「不調和」「お茶目」。梅沢さんは、芸歴30〜40年と、本当に誰でも知っている大御所です。制作側として、50歳すぎの“怖い”、“気難しい”印象の人をブッキングすると、スタジオの雰囲気がちょっと緊張するし、ゲスト感も出るのでいいんです。でも「お茶目」さも必要。いい人でなければ、次は呼ばないわけです。「不調和」については、テレビは新しいものや今までにないものを求めます。予想の次とか斜め上、別のことを言ってくれないと面白くない。予定調和をぶち壊せるものを持ってないと面白くないんです。

■梅沢さんに近いのは…マツコ・デラックス!?

梅沢さんにポジション的に近い芸能人を挙げるとしたら……という質問には、こんな答えが返ってきました。

品田:梅沢さんはもともとはご意見番に近くて、ご意見番といえば和田アキ子さん、美川憲一さん、新しいところだとマツコ・デラックスさんですね。
サッシャ:梅沢さんって、意外と女性の気持ちがわかるんですよね。あれが主婦層からするとたまらないのかなと。
品田:梅沢さんはオヤジくさくないですよね。大衆演劇でおばさまたちと間近で接しているので、女性の気持ちがわかるという意味ではマツコさんに近いのかもしれません。あとはCMの起用のされ方、アテンションとかインパクトでいうと、ローラさんや関ジャニ∞に近いかもしれません。

ちなみに、品田さんの思う“ネクスト梅沢さん”は「火野正平さんでしょうか」とのこと。火野さんの活躍にも注目です!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。