体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DOBERMAN INFINITY、3rdアルバム完成! ムービーは品川ヒロシが監督!

前作『TERMINAL』から1年5ヶ月ぶりとなる、DOBERMAN INFINITYの3枚目のアルバムが完成した。5thシングルで夏の定番曲「DO PARTY」、2ndミニアルバムのリード曲「#PLAY」、LINE MUSIC 総合週間1位を獲得するなど2017年のクリスマスソングとしての地位を築いた6thシングル「あの日のキミと今の僕に」、AK-69とのコラボレーションシングル「Shatter」、北海道日本ハムファイターズの西川遥輝選手の登場曲として制作された初収録の「THE NAME」、 タイトル曲「OFF ROAD」など、全12曲(新曲8曲)を収録した、過去最高に豪華なアルバムとなった。
DOBERMAN INFINITY (okmusic UP's)

デビューミニアルバム『#PRLG』からの制作陣、今作で初めてセッションを行なう制作陣など、これまで多くの作品を届けてきて、自分たちの中で肌で感じてきたDOBERMAN INFINITYとして、史上最高の“らしさ”を絶対的な軸にしたという。また、アルバムを象徴するタイトル曲「OFF ROAD」はメンバーのP-CHOが軸となるJAY’ED、NAOtheLAIZAとのプロデュースチーム、OLDMAN WILDIN’とD.Iで初めて楽曲制作を行なった。

アルバムタイトル“OFF ROAD”からも感じられるように、舗装された道などなく、未開拓の道なき険しいいばらの道を歩んでいるからこそ産み出される、彼らのように道なき道を苦しみながらも楽しく“自分らしく”歩む全ての人に向けた、芯の太いメッセージが込められた楽曲が揃った。デビューから得てきた経験値で大きく成長した感覚の全てを込めた、これぞ“ドーベル”という自信に満ちた一枚だ。

初回生産限定盤DVDには、今作のコンセプトを映像化した「OFF ROAD THE MOVIE」とMV集を収録。品川ヒロシが監督・脚本・演出、主演をSWAYが務め、キャスト陣にはSWAYが演じる“和也”の両親を小川菜摘、木村祐一、同級生やバスケ仲間役でははんにゃの金田哲、ギンナナ、ニブンノゴ!が参加。さらに、国内男子プロバスケットボール・B.LEAGUEからザック・バランスキー選手(アルバルク東京)、田渡凌選手(横浜ビー・コルセアーズ)も。何よりKUBO-C、GS、P-CHO、KAZUKIの初めての演技も見どころだ。

品川ヒロシ監督との初タッグとなった「to YOU」は楽曲の遠距離恋愛をテーマに描いた作品だったが、今作はアルバムのコンセプトでもある“自分らしさ”をテーマに、一人の人間の成長を“バスケットボール”“友情”“家族”を軸に、ある出会いがきっかけとなり、過去の自分と向き合って乗り越えていく、魂が熱くなる感動的なストーリーに仕上がった。

さらに、2017年のツアーよりも大きくパワーアップした全国ツアー『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2018 DOGG YEAR ~PARTY ON THE OFF ROAD~』が 5月26日(土)市川市文化会館 大ホールから16ヵ所16公演で開催されることも決定!

2018年は戌年ということで“DOGG YEAR”と銘打ち、結成5周年となる2019年に向けて猛進する年となる。
アルバム『OFF ROAD』
2018年4月18日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

XNLD-10014/B/¥4,200+税

<収録曲>

■CD

01.OFF ROAD

02.DO PARTY

03.Lookin’ for

04.MON5TERS

05.THE NAME

06.Shatter / DOBERMAN INFINITY×AK-69

07.untitled feat. EXILE SHOKICHI & CRAZYBOY

08.Butterfly Effect

09.Baby

10.あの日のキミと今の僕に

11.#PLAY

12. 春風

■DVD

「OFF ROAD THE MOVIE」約25分+MV集全5曲

◎ 先着CDショップ購入者特典

SWAYデザイン「OFF ROAD オリジナルバンダナ」(法人別 TSUTAYA/TOWER/HMV/新星堂 WonderGOO 全4種)

◎ 全形態初回生産分購入者封入特典

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。