体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleの拡張現実フレームワーク「ARCore 1.0」がリリース、PixelシリーズやGalaxy S8などでも利用可能に

Google が MWC 2018 で Google Tango を継承する形で開発を続けてきたモバイルデバイス向けの拡張現実(AR)フレームワーク「ARCore」の正式版「ARCore 1.0」をリリースしました。
ARCore は、カメラに映る空間を理解し、そこに仮想的なキャラクターや文字、物などのオブジェクトやネットの情報を配置するアプリを開発できるようにするために開発された AR サービス用のフレームワークです。
Google Tango の延長となりますが、ARCore では基本的に Android 8.0 以上のデバイス上で動作するようになっており、Tango で AR のサポートに大きなネックとなっていた専用ハードウェアは不要なので、ARCore 用の特別設計は不要です。
そのため対応デバイスが各段に増えるという違いがあります。
ARCore は当初 Pixel 2 スマートフォン向けにプレビュー提供されてきましたが、v1.0 ではまず、Pixel 2 シリーズの他に、Pixel スマートフォン、Android Oreo を搭載した Galaxy S8 / S7 シリーズ、OnePlus 5 / 5T、ZenFone AR、LG V30 / V30+ など Google 以外の Android デバイスでも既に利用可能になっています。
Google Play ストアには対応アプリが続々とリリースされており、「ARCore」で検索すると上位にヒットします。
Source : Google

■関連記事
DJI Mavicデザインで1万円切りのGPS対応トイドローン「Lead Honor LH-X28」
Xperia XZ2がQiワイヤレス充電に対応、WCH20も発売
Samsung、Galaxy Note 8のAndroid Oreoアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy