体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ルービックキューブが0.38秒で完成!MITの学生が開発したロボットが世界最速記録を樹立

80年代に一世風靡した、懐かしの立体パズルゲーム、ルービックキューブ。その人気は衰えることなく今に引き継がれ、世界大会まで開催されているほどだ。

現段階における世界最速記録は、韓国のパトリック・ポンセ君が持つ4.69秒。これだけでも衝撃度マックスだが、驚いたことに、このたびそれをはるかに上回る記録が打ち立てられた。かかった時間は、わずか0.38秒。ただし、神業ともいうべき驚異的な記録を達成したのは、人間ではなく、ロボットだ。

・格安部品と精密なアルゴリズムを一体化

開発者は、MITバイオミメティックロボティクスラボのメンバー、Ben Katz氏。ガラスの容器の中に取り付けてあるのは、6 Kollmorgen ServoDisc U9シリーズモーターだ。自身が手がけたロボットアームの部品を再利用して、作ったという。残りの部品は、ゲーム用のアイカメラと、テスト用のルービックキューブなど。いずれも、eBayで入手した格安品だそう。

マシンの生命線となるのは、コードに組み込まれた、各ピースを完全配置するのに必要なアルゴリズム。併せて、キューブのパターン化された動きをプログラミングしておく。キューブ組み立ての他、イメージキャプチャと計算にかかる時間も含み、樹立したのが今回の記録だ。

・記録更新は可能か!?

0.38秒。高速すぎて、想像もつかないタイムだ。まばたきと同等、あるいはそれより早いかもしれない。この記録は、そうそう破られないだろう。いや、人類の進化も侮れない。ひょっとすると、超人技を持つ人間が現れて、さらなる記録を打ち立てるかも。

The Rubik’s Contraption

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。