体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドローン「LeveTop」はブレードを収納して持ち運びラクラク!

最近のドローン人気の高まりを受け、カメラが高性能なもの、被写体を自動追従する機能を搭載しているものなど、さまざまなタイプが展開されている。

今回紹介する「LeveTop」はブレードをボディに収納できるのが売りのドローン。飛ばさないときの持ち運びが容易になる。

・筒状にして運べる

ドローンを飛ばす時に、少し飛ばしてから別の場所へ移動するというのはよくあること。その方がいろんな風景を撮影できて面白かったりする。

ただ、通常のドローンは躯体からアームが伸び、そこにブレードを搭載するという構造がほとんどで、取り扱いに注意が必要だ。なので、移動するとなるとやや面倒。

そこで、LeveTopでは円筒状のボディにアームとブレードを簡単に収納できるように設計された。しまうとシンプルな筒になるので、ブレードが何かに引っかかったりすることはない。

・飛行時間20分

LeveTopはドローンとしての機能も一通り網羅している。搭載する画角120度のカメラで1080Pの撮影ができ、自動追従機能もある。

Wi-Fiがビルトインされ、操作はスマホのアプリ(iOS、Android)で。離発着もボタン一つでできるなど、ビギナーでも扱えるシンプルさだ。

そのほかのスペックとしては飛行時間20分、トップスピードは時速54キロメートルとなっている。

リーズナブルな価格設定なのも魅力で、LeveTopは今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで269ドル(約2万9000円)の出資で入手できる。出資期限は4月28日。

LeveTop/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。