体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[常備野菜の冷凍保存]ほうれん草やネギなど、生で冷凍するコツ

[常備野菜の冷凍保存]ほうれん草やネギなど、生で冷凍するコツ

ほうれん草やネギ、小松菜などの常備野菜が、生のまま冷凍保存できることをご存知ですか?今回は、余ってしまった常備野菜の、便利な冷凍保存術をお教えします。小分けにしておけば、使いたいときに必要な量をすぐ取り出せるので、時短調理にも役立ちます!

ほうれん草・小松菜・水菜は、切って冷凍保存

ほうれん草や小松菜は、葉の表面から水分がどんどん抜けて、2~3日ほどでしなびてしまいます。余ったら、鮮度が高いうちに冷凍しましょう。
シャキシャキした食感が魅力の水菜は、凍ったままスープや炒め物などに使えて便利です。

ほうれん草・小松菜の冷凍保存

ほうれん草・小松菜の冷凍保存:3~4cmのざく切りにし、生のまま冷凍用保存袋に入れて冷凍

保存期間の目安:約1カ月

洗って、3~4cmの長さにざく切りにする。

しっかりと水気を拭き取り、生のまま、冷凍用保存袋に入れて冷凍。

解凍方法:凍ったまま調理。または、お湯をかけるか電子レンジで加熱。

水菜の冷凍保存

水菜の冷凍保存:使いやすい長さに切り、生のまま冷凍用保存袋に入れて冷凍

保存期間の目安:約1カ月

使いやすい長さに切る。

生のまま、冷凍用保存袋に入れて冷凍。

解凍方法:凍ったまま調理するか、自然解凍。

ほうれん草・小松菜を茹でて冷凍する場合

 茹でたほうれん草・小松菜の冷凍保存:固めに茹でて水気を切り、3~4cmに切って小分けにしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍

固めに茹でて水気を絞り、3~4cmの長さに切る。小分けにしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍。調理時は、凍ったままか、自然解凍でOK。おひたし、パスタに使えます。保存の目安は約1カ月。

長ネギは、白い部分と緑の部分を分けて保存

白い部分は乾燥してしなびやすく、緑の部分は水分が多いために傷みやすいネギ。冷凍する場合は切り分けて別々に保存します。汁物の具にオススメです。

長ネギの冷凍保存

 長ネギの冷凍保存(白い部分):5~6cmにカットし、生のまま冷凍用保存袋に入れて冷凍

保存期間の目安:約1カ月

●白い部分

5~6cmの長さにカットする。

生のまま、冷凍用保存袋に並べて入れ、冷凍する。

解凍方法:凍ったまま調理。凍ったままでも切れるので調理しやすく便利。

 長ネギの冷凍保存(緑の部分):全体をラップに包み、生のまま冷凍保存用袋に入れて冷凍
1 2次のページ
VEGEDAY powered by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。