体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ママ「誕生日プレゼントはチェーンソーだよ」 映画『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』衝撃の日本版予告編解禁[ホラー通信]

抜きん出る人ってやっぱり小さい頃からの教育が違うんだなと。そう思わずにはいられない、『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』の予告編が解禁。

関連記事:戦慄の“あの食卓”が再び! 前日譚『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』場面写真一挙解禁 若かりしソーヤー家の姿も明らかに

今作はホラーアイコンとして名高い『悪魔のいけにえ』の巨漢殺人鬼レザーフェイスの誕生を描く物語であります。監督は映画『屋敷女』『リヴィッド』のアレクサンドル・バスティロ&ジュリアン・モーリーの名コンビ。

食人一家ソーヤー家の末っ子として生まれたレザーフェイス。5歳の誕生日に愛するママから贈られたのは、赤くてオシャレな……チェーンソー

ママ「持ってみて(チェーンソーを)」

すごい英才教育。ここから三つ子の魂百までとばかりにレザーフェイスの常用アイテムがチェーンソーになったようです。映画では、チビ・レザーフェイスが大きくなって青少年更生施設にブチ込まれ、施設の少年たちと脱走して警官に追い回されつつ、お手製の人皮マスクを作って立派な殺人鬼レザーフェイスになるまでの過程が描かれます。

『悪魔のいけにえ』と監督コンビ双方のファンの期待に応えるように、予告編も後半から暴力・銃殺・流血・襲撃シーン盛々。「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」。そんな気持ちを胸に、レザーフェイスの成長を見守るべく劇場に足を運びたいところであります。

『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』

5月12日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開
全国の上映劇場他にて前売券(1500円税込)が発売中

プロデューサー:トビー・フーパー
監督:ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ
出演:スティーブン・ドーフ、リリー・テイラー、フィン・ジョーンズ
2017年/アメリカ/89分/原題:LEATHERFACE配給:松竹メディア事業部
公式サイト:http://leatherface.jp/

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。