体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“感動をありがとう!”2018平昌オリンピック 日本人メダリストのコメントを集めてみた!《前編》

メダル写真
2018年2月9日~25日の16日間、多くの人たちに感動と興奮を与えてくれた平昌オリンピック。日本としては過去最高の13個のメダルを選手たちが掴み取ってくれました。
今回はそのメダリストたちから生まれた、名言&迷言を集めてみました!
●原大智(フリースタイルスキー/男子モーグル/銅メダル)1997/3/4生まれ(男)身長172cm 体重75kg 小学生の時に競技を始め、中学卒業後からカナダで練習。17年に拠点を日本に戻し、日大進学。スピードのあるターンが得意。
雪とは程遠い東京都出身で渋谷育ち、今大会第一号のメダリストという事で話題になりましたね。そんな彼は、レース後にコメントを残しています。
「金メダルじゃなかったけど、楽しみでした。すごく楽しかった。本当に楽しかった。楽しさだけを追い求めた。楽しいしかなくて、失敗する気がしなかった。欲を出せば金メダルが欲しかったけど、今はむちゃくちゃうれしいしかない」朝日新聞:https://www.asahi.com/articles/ASL2D7QH8L2DUTQP037.html
“楽しかった”を連呼しまくっています。本当に楽しかったんですね。若干20歳。本当にこの競技が大好きなんだと伝わってくるコメントです。SNSを通じて「(渋谷区の母校に)メダルもって行きます!」と伝えた原選手。都会育ちの生徒たちへ、大きな刺激になることでしょう。

●高梨沙羅(スキージャンプ/女子ノーマルヒル/銅メダル)1996/10/8生まれ(女)身長152cm 体重44kg 昨季までW杯90試合出場で53勝と圧倒的な勝率。スピードのロスが少ない踏み切り技術は男子レベルと評される。
「女子ジャンプが正式種目に初めて採用された夢の舞台に自分も出させていただいたにもかかわらず、今までの恩返しが出来ず、自分のベストを尽くすこともできなかった。4年前の自分を見返してやりたい、ただただその気持ちでやってきました。」Number:http://number.bunshun.jp/articles/-/829971
W杯総合優勝という華々しい活躍もあって、優勝候補筆頭と見られていたソチ五輪では、4位に終わった。風に恵まれないなどの不運もあったけれど、表彰台に上がれなかった高梨選手は、平昌での雪辱を誓います。「最終的に勝敗を決めるのは、自分に勝つか勝たないかというところになってくると思うんです。そこでは人間力が問われると思っています」。平昌での決勝は、1回目で103.5メートルを飛び120.3点。全体3位で臨んだ2回目のジャンプは103.5メートル。合計243.8点をマークし、堂々の3位。表彰台でメダルを首から提げた高梨選手は、久しぶりに私たちの前に笑顔を見せてくれました。ひたむきにジャンプを続ける彼女の姿には日本中が感動させられましたね。個人的には“第二の浅田真央さん”のような存在感を感じています。

●高木美帆(スピードスケート/女子1000m/銅メダル、女子1500m/銀メダル、女子団体追い抜き/金メダル)1994/5/22生まれ(女)身長164cm 体重58kgバンクーバー五輪にスピードスケート史上最年少の15歳で出場し、橋本聖子さんから「スケート界の宝」と呼ばれた。ソチ五輪は落選。五輪後につくられたナショナルチームに初年度から加わり、力をつけた。姉の菜那も選手。足が速く、以前はダンスやサッカーもやっていた。今季のW杯で1500メートルは圧倒的な強さを見せ、3000メートルも第3戦でこの種目日本勢初制覇。団体追い抜きのメンバーとして、何度も世界記録を塗り替えた。1500メートル(1分51秒49)と3000メートル(3分57秒09)の日本記録保持者。
今大会は初めて姉妹そろっての出場という事もあり、また性格や練習方法など、対照的な2人ということに注目が集まりました。
「人生かけなければ、オリンピックで勝てない」ヘルスケア:http://healthcare.halfmoon.jp/blog/famousquotes-takagi-miho
言葉は少なくとも、こんなに重たい言葉はなかなかないですよね。オリンピックって、一人の人生をこんなにも大きく動かす大会なのだと改めて感じさせられます。まだ間に合うのであれば、筆者もその感覚を味わてみたい…

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。