体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アップル、新たな特許を取得!キーボードの代わりに“第2の画面”を使用!?

アップルは、最新のMacBook Proのために新たな特許を取得。OLEDディスプレイを想定した、キーボードに関する設計図を公開した。

・第2のディスプレイを動的キーボードとして使用

米国の特許商標庁は同社に、「視認性と抑制された反射を持つデュアルディスプレイ装置」という特許を付与。文書では、第2のディスプレイを動的キーボードとして使用する装置を概説している。

この装置の外観として考えられるのは、2種類。1つは、MacBook にあるような、2つの画面がヒンジで接続されたタイプ。もう1つは、マイクロソフト社のSurface Proシリーズや他の2in1コンピューターのように、本体からスクリーンを取り外して使用できるものだ。

概説を見る限り、2つのiPadをペアとし、1つをキーボードとして使用できるようにするための実装ではないようだ。また、アプリケーションに関連する図は、一方の画面がOLEDディスプレイであり、もう一方の画面はLCDであることを、明示している。

・スクリーンからの反射を抑えるための方法も

ダブルディスプレイの設定なら、異なるキーボードレイアウト言語を使ったり、状況依存のコントロールも可能となる。Apple Pencilなどと組み合わせて、大きなスケッチサーフェスにアクセスすることもできるだろう。しかし、柔軟性が高い分、従来型の機械式キーボードの入力体験は、犠牲にしなければならない。

この特許ではまた、2つのスクリーンからの反射を最小限に抑えるため、偏光子を使用する方法を説明している。現実的なデバイスとして、実際に構築しようとしているのであれば、最適な解決策となるに違いない。

もちろん、現段階において、これは単なる特許であり、確実に製品へ採用されるとは言い切れない。これから多くの実証試験や研究を重ねた上で、判断されるだろう。毎回、斬新な特許を出願するアップル。テクノロジーに対する飽くなき探求心は、留まるところを知らない。

souce by THE VERGE

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。