体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony Mobile、2018年フラッグシップスマホ「Xperia XZ2」を発表

Sony Mobile は 2 月 26 日、スペイン・バルセロナで開催中の MWC 2018 で 2018 年の新フラッグシップ「Xperia XZ2」を正式に発表しました。
発売時期は 2018 年 3 月です。
Xperia XZ2 は 2017 年秋に投入された Xperia XZ1 の後継モデルで、今回は「臨場感溢れるエンターテインメント体験を提供する」をコンセプトに、ディスプレイ、カメラ、オーディオを改良し、さらにデザインを大幅に変更しています。
一番に注目されるのはデザイン面の変化でしょうか。
Xperia XZ2 では 5.7 インチ 18:9 アスペクト比(2,160 x 1,080 ピクセル)の HDR Full HD+ ディスプレイを採用したため、既存の 5.5 インチモデルより大画面ながらスリムでコンパクトな端末に仕上がっています。
もちろん IP68 レベルの防水・防塵にも対応しており、USB コネクタには Type-C(USB 3.1)を採用しています。
Xperia XZ2 の外装はガラスパネル(ゴリラガラス 5)とメタルフレームを組み合わせた “流体 3D ガラスサーフェスデザイン” と呼ばれており、ガラスとメタルが上手く調和した質感に仕上がっています。
カラバリは Liquid Silver、Liquid Black、Deep Green、Ash Pink の 4 色です。
Xperia XZ2 の筐体サイズは 153 x 72 x 11.1mm、質量は 198g です。
前作よりも太くて重たくなっているのが少し気になります。
横幅が細いので持ちやすさは良いのかもしれません。
Xperia XZ2 は Xperia XZs から続く Motion Eye カメラをメインカメラに採用しているのですが、新たに 4K HDR の動画撮影や 1080p での 960fps 撮影が可能になりました。
さらに Xperia XZ1 で導入された「3D クリエイター」はフロントカメラでも機能するようになり、自撮りの要領で自分の 3D モデルを作成することも可能になりました。
Xperia XZ2 には「Dynamic Vibration System」と呼ばれるコンテンツとリンクした新しい触覚フィードバックシステムが導入されており、アプリのオーディオデータをシステムが解析することにより、ゲームや映画、その他の動画ではアクションに応じて振動するようになっています。
他のスペックについては、プロセッサは Snapdragon 845、メモリは 4GB RAM + 64GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,900 万画素(1/2.3 1.22μm、Exmor RS、F2.0 25mm Sony G レンズ)、前面に 500 万画素(1/5 Exmor R、F2.2)、3,180mAh バッテリーを搭載しており、Wi-Fi a/g/g/n/ac、Bluetooth 5、NFC、LTE Cat 18(下り最大 1.2Gbps)等に対応しています。
OS は Android 8.0 Oreo です。
Source : Sony Mobile

■関連記事
Samsung、2018年フラッグシップ「Galaxy S9」「Galaxy S9+」を正式発表
TCL、Alcatel 2018年モデル Alcatel 5 / 3 / 3X / 3Vを発表
LG、独自のAI機能でパワーアップした「LG V30S ThinQ」シリーズを発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。