体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。2/26-3/4の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 2/26-3/4の運勢

1・水の星の人

2月の全体運
自分自身と真摯に向き合いたい月です。人知れず努力を重ねたり、徳を積むことが必要になります。あなたの「人間力」や「底力」のようなものが問われるタイミングのようです。
幸運を招く方角 東 西
ご利益フード  ポークビーンズ

今週の運勢(2/26~3/4)
粘り強さが開運への鍵となるタイミングです。上手くいかないことや思い通りにいかないことがあったとしても、決してめげたりしないように。今は、ある意味「修行」のようなとき。お寺にでも入ったつもりになって、腹をくくってみるのも良さそう。メンタルを鍛えるのには絶好のチャンスのときです。ここで踏ん張っておくと、必ず良い結果に結びつくはずです。
27日は芸能や芸術に関することにツキがあります。美術館に行ったり、本屋さんでアートブックや美容に関する本を探すのも良さそう。五感が刺激されて、素敵なアイディアが浮かんだり、インスピレーションを得ることができそうです。4日はラッキーデー。交際運が好調です。家でゆっくり過ごすよりも、人が多く集まるところに出掛けるのがオススメ。食事会や飲み会があれば参加しましょう。気の合う人と出会える可能性も高くなっています。

2・大地の星の人
2月の全体運
レベルアップやスキルアップに向けての準備の月です。ここでの踏ん張りが、これから先の運気を大きく左右することになりそうです。
幸運を招く方角 北西
ご利益フード  チリコンカン

今週の運勢(2/26~3/4)
迷いが生じやすいタイミングです。上手くいかないとか、なんとなく行き詰まりのようなものを感じることもありそうです。でも、進んでいる方向に間違いはなさそう。すぐに結果が出ないからといって、諦めてしまったり、方向転換するのはやめておいたほうが良さそう。焦らずじっくりいきましょう。もうひと踏ん張り、あと少しの辛抱が必要になりそうです。
28日は「美」に関することにツキがある日。美容院やネイルサロンに行くのがオススメです。また、本屋さんや図書館がラッキースポット。写真集や画集などを眺めると、良いエネルギーを貰えそうです。3日はラッキーデー。上司や先輩をはじめ、親など目上の人と接する機会を持つのが良さそう。役に立つアドバイスが聞けたり、チャンスを与えられるなど引き立てて貰えるようなこともあるかもしれません。

3・雷の星の人
2月の全体運
物事の成長や発展が見込める月です。今まで温めてきたプランや、新しいことをスタートさせるのも良さそう。周りとの「協調」を大切にして進みましょう。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  チーズフォンデュ

今週の運勢(2/26~3/4)
素直さや正直さが鍵となるタイミングです。特に、対人関係において、自分の方から情報開示をするというか、オープンマインドの姿勢を取ることが大切です。そうすることで、自然と相手も心を開いてくれそうです。見栄を張ったり、自分を大きく見せようとするのではなく、ありのままでいきましょう。また、思いきった行動が吉と出ることになりそうです。
3日の交際運は好調です。テーマパークをはじめ、レジャースポットに行くのがオススメ、思いきり楽しめそうです。4日はラッキーデー。今、あなた自身が頑張っていること、つまりは仕事や勉強や習い事などで、バックアップや協力を得ることができたり、努力を認めて貰えるようなこともありそうです。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。